札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第4巻 通史4

第八編 転換期の札幌

第二章 市制施行と行財政

第七節 地域自治と治安

一 住民組織と町内会の成立

 札幌区(市)には、明治三十年代後半から各種の住民組織が形成されてくる。組織の地割は祭典区を基礎とした広域なものから、火防・衛生組合の地区や条丁目を単位とする狭域なものに分かれている。その性格・役割についてみても自治会的なもの、地域振興的なもの、商工会・商店会的なもの、相互扶助組織的なもの、町内会的なものとさまざまである(蓮池穣 町内会の誕生と歩み さっぽろ文庫70町内会今昔)。さまざまな問題に対処して地域の環境整備や生活問題の解決、地域住民の懇親と相互扶助などにつき、住民が結集して組織を形成していったことは非常に重要である。
 しかし住民の有志によって創設されていった住民組織は、戦後に創設された町内会とは性格も異なり、また一時的に創設された面もあって史料が僅少であり存在、活動などに関しても不分明な点が多い。それゆえに『北海タイムス』を中心とした新聞報道から住民組織の存在を拾いあげて、以下の記述を進めることにする。
 表21は明治三十年代から昭和十五年頃までの確認できる五三の住民組織、町内会を設立年代順にまとめたものである。もちろんこれ以外にも存在していたはずであるが、表より広範な分布とおおまかな傾向を知ることができる。第一は、祭典区を中心とした広範囲の住民組織が多くみられることであり、この種の組織は地域振興、町内の発展、自治研究など政治的な活動を主目的としていることである。第二は、火防区を単位とする町内会もみられ、これは親睦組織の面が強くなっていることである。第三に、住民組織が活発化し盛期を迎えるのは、大正九年から昭和初期にかけてであることである。この時期に成立した住民組織の目的・活動をみると、①札幌区(市)政の研究、政治結社的なもの、②施設の建設・誘致を軸とした地域振興的なもの、③町内親睦と交流、扶助、娯楽と慰安の町内会的なもの、④融資と商店街振興の商店会的なものなど多種多様な組織が生まれてくる。
表-21 住民組織・町内会一覧
会名創設地区・地域活動目的新聞報道
東方和合会明30年代創成川以東(第7祭典区) 明45.1.18
中正会明39.1第10祭典区会員の交誼,公共問題の解決,区の発展 39.1.28
隆西会明44.2南1条西5以西隣保和合・風紀矯正・福利増進 44.2.28
桑園会明44北1~5条西10以西繁栄策を講ず 44.7.12
山鼻倶楽部明44.12山鼻町町内親睦,趣味向上、社会改善 44.12.19
第十区親交会明45.1第10祭典区町内発展,隣保和合と親睦 45.1.20
相和会明45.5南2条西5以西隣保親和・風紀振粛・悪弊矯正 45.5.14
新西会大3.3大通以南西5以西区内各問題を研究大3.3.21
南一条町内会大5(?)南1条西2  5.4.20
隆辰会大6(?)北大通北1条西6~9  7.10.7
自彊会大8(?)北9条(第11祭典区)  9.1.26
西美親交会大9.3南1条西10~14  9.3.26
豊平町共済会大9.6豊平町9~10番地,南3・4条東1生活向上と居住地の改善 9.6.11
山鼻自治会大9.12山鼻町発展を図り会員の親睦を敦ふする 9.12.19
辛酉会大10.1大通西14以西隣保共助,社会奉仕 10.1.18
鉄北会大10.3鉄道線以北鉄北の発展,公共事業に一致 10.3.24
桑園自治会大10.4桑園自治の発達,公共問題の研究,会員の親睦 10.4.13
第十区会大10.7第10区自治研究 10.7.21
豊平町同志会大10.12豊平町町の発展,会員親睦,共同積立金 10.12.1樽新
苗穂中央倶楽部大11.6苗穂町人権の尊重,自治の円滑,部員の親睦 11.6.12
東北自治研究会大11.11第9祭典区市議会・市政の監視 11.11.20
豊平白石自治協会大11.11豊平町・白石町豊平川以東の発展 11.11.6
山鼻一新会大12(?)狐小路以北石山道路以西会員の親睦,町内の発展 12.12.5
南一条興振会大12南1条西1~4  14.1.31樽新
幌南振興会大13.7北-南7条,南-行啓道路,  13.7.7
  東-創成川,西-東本願寺裏通  
山鼻自彊会大13.8山鼻町石山線以西町内発展,会員親睦 13.8.19
苗穂町協和会大13.9苗穂町・苗穂村居住者の親睦,娯楽 13.9.13
四丁目会大13(?)北12条西4以北町内の親睦 13.9.23
東興会大14.1北1条・大通東4~7(第34火防区)町内発達,会員親睦 14.1.20
北光和親会大14.10北8条東5以東町内発展,有志親睦 14.10.29
平和会大14(?)南2・3条西3・4(第9火防区)  15.3.12
北十条会大15.7北10条西1・2鉄北の発展,町内の殷盛 15.7.12
本村町同交会大15本村町鉄北・本村町の発展,会員の提携,勤倹の涵養昭3.1.15
豊平町中央町内会大15豊平町商工業者の機関 17.11.13
第十二区発展期成同盟会昭2.5第12区施設の調査研究,福利増進 2.5.28
幌西会昭2.10南1条以南,西11以西町内発達,会員親睦 2.10.19夕刊
十九丁目会昭3.2南大通・南1条西19  3.2.2
西札幌町内会昭3.3南大通・南1条西18衛生・火防・自治設備,町内親睦 3.3.25
東北親和会昭3.5第36火防区町内の平和,共存共栄,自治的精神の涵養 3.5.2樽新
昭和会昭4.9北14条以北町内の革新発展 4.7.21樽新
苗穂振興会昭4(?)苗穂町  5.8.23
豊平町自治会昭5(?)豊平町  5.8.16
東橋倶楽部昭6.2白石町東部方面住民の親睦と発展 6.2.14
豊平白石自治会昭6.5豊平町・白石町  6.5.12
北星協和会昭7.5北8条東部  16.5.21
豊平町発展期成会昭11.9豊平町町内発展 11.9.29
北九条会昭12.11北9条  13.1.19
南二七会昭14.7南2条西7丁目  14.7.19
協和会昭15(?)南6・7条  15.1.23

 この時期は普選運動を中心とした大正デモクラシーの潮流の中で、地域自治の獲得・実現をめざす市民運動も勃興しており、それが多数の住民組織の創設に結び付いていったものと思われる。そして札幌の場合、第一に大正十一年札幌区に市制が施行されたこと、第二に都市の拡大が急速に進行し、住宅地が周辺部に伸びていったことが大きな原因となっていただろう。この結果、周辺部の遅れた都市公共設備・施設の整備、充実に対する住民の要望が増し、また普選運動による選挙権の拡大は、市民への政治権利の自覚と市政参加を促し、「市民」意識の高揚が「地域意志」を表明するプレッシャー団体としての住民組織を、いっそう拡大する段階にいたったとみられるのである(中村英重 札幌区(市)の住民組織と町内会 札幌の歴史30号)。第三に札幌が都市として発展するにつれて、社会問題・都市問題も多く発生し、町内の自治、相互扶助、親睦などの必要が生じてきたであろう。