札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第4巻 通史4

第八編 転換期の札幌

第二章 市制施行と行財政

第三節 市会

一 市会議員

 初回の市会議員選挙は市民の大きな関心事であったが、一方で普通選挙制へ向かう前哨戦で、十分な準備が整わない中で実施されたために、投票以前から問題点が指摘された。たとえば新聞の読者投書欄に「自分は不幸にして選挙名簿に掲載漏れとなって居ました為、異議の申立をして立派に選挙権を得ましたに不拘、選挙通知に接しませんから、市役所へ照会しましたら……選挙権は確かにあるが今回の選挙場裡には出られませんとの話しで、意外なのに驚きました」(北タイ 大11・10・2)という不満がみられる。
 はたせるかな、投票終了後、十月十二日から十四日にかけて四件の異議申立が市役所に出された。申立人吉田重貞は、有権者に選挙権を行使させなかったこと、代人投票がなされたこと、不在者もしくは失格者が投票した事実があるとし、申立人大村国豊は、道庁参事会が有権者と決した者に投票させなかったこと、級別の誤りを修正せずに投票させたことを訴えた。また、申立人手嶋定之進、田中長作は、点字投票を無効としたのは旭川市をはじめ他県の事例に照らして違法であるとし、申立人川口昇は、二五歳未満の者や市外に転居した者が投票しているとして、いずれも当選者の取消と選挙のやりなおしを求めたのである(大正十一年十月執行の札幌市会議員選挙の選挙又は当選に関する申立関係資料)。
 市役所は市制第三六条にもとづき、四件の申立を議案として最初の市会に提出した。市会はこれを委員会に付託して審査し、川口の申立以外は不採決と決めたが、十月二十四日の本会議では川口の申立も形式不備により廃案とした。これにより市会としては四件すべての異議を認めないことに決定したのである。
 大村、川口、吉田の三申立人は市会の決定を不服として道参事会に訴願し、十一月二十五日審議されたが、吉田の訴願が認められ、初選挙のうち一級議員のみの取消再選挙を決めた。これを受けて札幌市会は対応を協議した結果、道参事会の決定に誤りがあるとして、これの異議申立を国の行政裁判所に出訴するに至った。行政訴訟は長時間を要し、大正十三年三月二十日に判決があり、道参事会の決定を有効と認め、一級議員選挙の取消が決まり、札幌市長は四月二日付でこれを告示した。したがって一級議員は三月二十日をもって失格となった。
 この年は五月に衆院、八月に道会選挙があり、一級議員のやりなおし選挙はそのあと八月二十四日から三十日まで選挙人名簿の縦覧が行われ、十月三日投票となった。有権者は二六四一人で、前回より二八四人の増加、投票率は八九・七パーセントと高く、一八人の当選者中、前回に引続き議員となったのは八人に過ぎず、大幅な入替えとなった。
 選挙無効判決は、スタートしたばかりの札幌市政に少なからぬ混乱を生じさせた。副議長と四人の参事会員が失職議員に含まれ、二級議員だけの市会がしばらく続き、自治権の拡張を市民が享受する上で、貴重な教訓を残したのである。太平洋戦争終結に至るまでに、六期の市会を構成するが、その議員は表6のとおりである。
表-6 市会議員一覧
【第1期選挙 大正11年,定数36】
〈一級議員(定数18)〉
議員名年齢党派職業得票備考
竹森竹次郎
阿由葉宗三郎
長谷川哲三郎
遠藤八三郎
本間久三
高岡熊雄
大滝甚太郎
阿部与之助
大島金蔵
関場不二彦
池田新三郎
塩崎勝郎
塚島由太郎
伊達翁記
山田利吉
南部多三郎
小竹文次郎
高島弥市郎
44
60
53

56
32
58
58
71
57
37


43
63
45
48
 
憲政会
中立
憲政会
憲政会
憲政会
中立
公友会
公友会
憲政会
中立
中立
中立
公友会
公友会
中立
中立
中立
憲政会
飲食業
会社役員
雑貨商
材木商
貸付業
大学教官
会社役員
殖林業

病院長
米穀販売業

農業
会社役員
酒造業
運送業
会社役員
 
121
114
108
104
98
92
91
90
87
86
83
82
82
76
74
68
67
66



大12.10.28死去

大12.2.12失格











 
大13.3.20,
選挙無効判決により,以後失格
〈二級議員(定数18)〉
議員名年齢党派職業得票備考
松田学
佐藤辰二
木下三四彦
納谷信造
石田康
戸津高知
足立庸三
浜囗末喜
山口保三郎
長内清
千葉泰助
窪田恭太郎
中井吉次郎
若狭由次郎
村田不二三
奥山啓
菅野省三
助川貞二郎
67
46
40
32
55
50
40
36
46
40
50
53
54
37
50
45
41
57
憲政会
中立
中立
中立

中立
中立
中立
憲政会
中立
憲政会
中立
憲政会
憲政会
公友会
憲政会
中立
中立
農業
商業
弁護士
弁護士
会社役員
学校長
農業


新聞記者
漁網製造業
商業

履物商
弁護士


会社役員
504
402
382
356
354
335
324
313
282
275
272
270
263
261
259
248
242
240







大13.10.22失格



大14.5.4死去





 
〈一級議員(定数18)大正13年再選挙〉
議員名年齢党派職業得票備考
松本菊次郎
菅原鉄之助
大滝林之助
丸山勇蔵
阿由葉宗三郎
小谷義雄
池田新三郎
長谷川哲三郎
本間久三
佐藤善兵衛
大門宅七
竹森竹次郎
山田利吉
南部多三郎
山本清作
阿部与之助
浅野一夫
小笠原楠弥
58
42
45
57
62
41
39
55
58
47
46
46
65
47
44
60
33
56
公友会
憲政会
公友会
公友会
中立
中立
憲政会
憲政会
憲政会
憲政会
公友会
憲政会
中立
中立
憲政会
中立
憲政会
公友会
肥料農具販売業
木材業
木材業
貸座敷業
会社役員
牧畜業
米穀販売業
雑貨商
貸付業
牧畜業
土木建築請負業
飲食業
酒造業
運送業
米穀雑貨商
殖林業
土木請負業
文房具商
193
150
141
125
120
119
118
114
114
103
102
98
89
87
86
84
80
78


大15.2.17死去




大13.11.14死去









 

【第2期選挙 大正15年,定数36】
議員名年齢党派職業得票備考
村田不二三
田中好雄
一戸恒吉
平井寅太郎
鈴木武助
黒沢酉蔵
吉田豊吉
松田学
本間久三
佐々木鉄之助
前田善三郎
中田善五郎
新開新太郎
中瀬昌孝
菅原鉄之助
松本菊次郎
古谷辰四郎
助川貞二郎
榎本金次郎
木下三四彦
千葉泰助
竹森竹次郎
新田啓二郎
南部多三郎
波多野与三郎
浅野一夫
丸山浪弥
足立庸三
鈴木龍雄
佐藤善兵衛
阿由葉宗三郎
若狭由次郎
菅野省三
佐藤一雄
遠藤善四郎
岩泉哲三郎
58
32
51
55
59
42
44
71
60
50
51
56
57
52
44
60
59
67
47
44
54
48
38
49
46
35
56
44
53
49
64
41
45
30
45
60
政友本党
労農党
中立
中立
憲政会
憲政会
中立
中立
憲政会
憲政会
中立
憲政会
政友本党
憲政会
憲政会
政友本党
憲政会
政友会
憲政会
政友会
憲政会
憲政会
憲政会
中立
政友本党
憲政会
政友本党
中立
中立
憲政会
政友会
憲政会
中立
中立
憲政会
中立
弁護士
旋盤工
鉄道職員
官吏
製粉業
牧畜業
味噌・醤油業
農業
貸付業
新聞社役員
会社員
貸座敷業
請負業
製粉製麺業
木材業
肥料農具販売業
製菓業
会社役員
運送業
弁護士
漁網製造業
飲食業
木材業
運送業
酒造業
土木請負業
会社役員
農業
官吏
牧畜業
会社役員
下駄商及料理業
団体役員
教員
酒造業
官吏
530
490
474
466
455
454
446
445
438
427
420
414
408
406
394
356
348
326
325
321
317
293
288
287
285
284
281
276
274
267
264
263
261
258
252
250


昭2.4.25辞職












昭4.9.19死去
昭5.8.9死去
昭4.10.3死去










昭2.3.22死去






昭3.5.31辞職

【第3期選挙 昭和5年,定数36】
議員名年齢党派職業得票備考
池田新三郎
村田不二三
杉本幸太郎
斎藤栄吉
福島利雄
木下三四彦
井川伊平
松本伸吉
吉田豊吉
丸山浪弥
佐野春吉
斎藤義太郎
笹沼孝蔵
高田富与
南部多三郎
菅原鉄之助
岡本善蔵
中実
福田福松
小谷義雄
上口外吉
大村国豊
石川剛三
本間久三
阿由葉宗三郎
小笠原楠弥
新開新太郎
若狭由次郎
浅野一夫
橘儀一
川崎繁実
宇尾吉太郎
松田学
中林長作
山本清作
佐藤一雄
45
62
39
65
36
48
36
55
48
60
53
42
38
39
52
48
50
64
67
49
43
43
50
64
69
62
62
44
39
49
51
40
75
44
50
34
実業青年会
公友会
実業青年会
実業青年会
無所属
中正倶楽部
実業青年会
公友会
公友会
無所属
実業青年会
実業青年会
実業青年会
無所属
中正倶楽部
同好会
実業青年会
無所属
公友会
公友会
公友会
無所属
実業青年会
実業青年会
無所属
公友会
公友会
同好会
同好会
実業青年会
実業青年会
実業青年会
無所属
公友会
実業青年会
中正倶楽部
雑貨商
弁護士
酒造業
機械商
農業
弁護士
弁護士
肥料商
醸造業
農業
商業
貸座敷業
弁護士
弁護士
会社員
木材商
貿易商
農業
貸座敷業
精肉商
玉葱輸出商
元新聞記者
鉄道職員
商業
会社員
文房具商
請負業
料理業
土木請負業
農業
会社員
荒物商
農業
紙器製造業
米商
醤油業
560
541
509
484
469
463
449
447
436
408
408
407
405
397
394
378
375
364
363
361
358
358
350
339
334
329
329
325
325
299
297
287
279
267
253
251























昭8.9.21死去




昭8.4.17死去

昭8.5.5死去




【第4期選挙 昭和9年,定数40】
議員名年齢党派職業得票備考
沢田利吉
南部多三郎
石川剛三
福島利雄
浅野一夫
遠山(村田)元四郎
正木清
木下三四彦
佐藤一雄
笹沼孝蔵
竹森竹次郎
吉田豊吉
今井市郎
中田善五郎
秋葉安一
小谷義雄
村上六松
大村国豊
薮務
中実
山本清作
村岡勝恵
柏野忠八
村田不二三
上田良次
小笠原楠弥
本間久三
中西八百吉
小山良明
岡本善蔵
井川伊平
中垣内輝
斎藤栄吉
菅原鉄之助
井山顕親
若狭由次郎
高田富与
上口外吉
梅津藤吉
佐野春吉
56
57
54
41
43
31
35
52
39
42
56
54
41
63
37
51
55
47
39
68
54
56
64
66
55
66
68
72
46
54
40
44
68
52
68
49
43
47
45
57
中立
中正クラブ
実業青年会
更新会
同好会
実業青年会
無産派
更新会
市民会
実業青年会
実業青年会
公友会
実業青年会
実業青年会
中立
中正クラブ
更新会
中立
中立
中正クラブ
実業青年会
公友会
更新会
公友会
公友会
公友会
実業青年会
中立
中正クラブ
実業青年会
実業青年会
中立
実業青年会
同好会
実業青年会
同好会
実業青年会
公友会
公友会
実業青年会
会社員
会社員
農業
農業
土木請負業
木材業
自由労働
弁護士
園芸業
弁護士
料理店
醸造業
荒物文房具商
貸座敷業
鉱業
売肉業
土木建築請負
会社員
会社員
農業
商業
醸造業
農業
弁護士
旅行具商
文房具商
金融業
会社員
会社員
玉葱商
弁護士
柔道教師
機械商
木材業
農業
貸家業
弁護士
玉葱商
運送業
足袋製造
727
602
569
564
558
555
555
547
537
497
477
462
452
424
419
417
411
395
386
386
384
384
371
370
367
356
354
349
344
342
335
330
326
326
322
313
312
312
303
302





昭13.8.27辞職

昭11.7.10辞職









昭10.11.5辞職























【第5期選挙 昭和13年,定数40】
議員名年齢党派職業得票備考
正木清
上口外吉
福島利雄
井川伊平
吉田豊吉
村田不二三
佐藤一雄


石川剛三
吉野勝次郎
笹沼孝蔵
沢田利吉
浅野一夫
南部多三郎
斎藤義太郎
佐野春吉
村上六松
薮務
菅原鉄之助
本間久三
村川嘉一
三浦才三
佐藤一二
山本清作
若狭由次郎
添田武源
関根仙次
竹森竹次郎
佐瀬介治
米沢金蔵
高田富与
岡田往一
村岡勝恵
金野誠介
小谷義雄
谷口甚作
斎藤俊次
小笠原楠弥
柏野忠八
中山豊士
梅津藤吉
許士善太郎
小山良明
中垣内輝
38
51
44
44
56
70
43


58
52
46
60
47
61
50
61
60
43
56
72
41
39
53
58
53
46
57
60
62
49
47
58
60
52
55
47
45
70
68
27
49
49
50
48
社会大衆党
公友会
更新会
実業青年会
公友会
公友会
革新会


実業青年会
中立
実業青年会
実業青年会
同好会
中正クラブ
実業青年会
実業青年会
更新会
中立
同好会
実業青年会
実業青年会
中立
革新会
実業青年会
同好会
中立
公友会
実業青年会
公友会
中立
実業青年会
中立
中正クラブ
実業青年会
中正クラブ
実業青年会
実業青年会
公友会
公友会
中立
公友会
中立
中立
中立
自由労働
玉葱商
農業
弁護士
醸造業
弁護士
園芸業


会社員
会社員
弁護士
農業
土木請負業
運送業
農業
足袋製造業
土木建築請負業
会社員
木材業
金融業
玉葱馬鈴薯商
建築業
文房具商
商業
貸家業


料理店

煉瓦建築請負業
弁護士
鉄工業
味噌醤油醸造業
布団商
売肉業
農業
医師
文房具商
貸地業
柔道教師
運送業
農業
電気器具商
 
850
625
578
556
551
532
529


495
488
483
466
438
435
428
428
408
393
388
386
385
383
376
371
369
365
364
362
359
352
350
349
336
324
323
318
308
294
291
276
274
265
263
256






昭13.12.23失格(応召)
昭15.7.12復職
昭17.5.6辞職



昭14.12.19辞職











昭13.12.19辞職





昭14.7.18辞職











昭13.12.28繰上当選
昭14.1.25繰上当選
昭14.8.7繰上当選
上田万平
武田忠幸
吉留馨
75
44
45
 農業
会社員
物品販売業
519
372
280
昭16.5.31
円山町合併による増員選挙により当選

【第6期選挙 昭和17年,定数44】
議員名年齢推薦・自由の別職業得票備考
福島利雄
笹沼孝蔵
今井市郎
谷口甚作
村田不二三
吉田豊吉
石崎作市
秋山康之進
水戸秀三郎
古谷辰四郎
中山豊士
中山信一郎
紺野庄三郎
武田忠幸
児玉清
錦戸善一郎
赤塚末吉
村上六松
佐々木利雄
石川剛三
小谷義雄
吉野勝次郎
佐藤善兵衛
村岡勝恵
柏野忠八
尾崎彦三
太田次作
前田善吉
斎藤忠雄
南部多三郎
浅野一夫
石上寿夫
村川嘉一
小林盛次
上口外吉
斎藤義太郎
許士善太郎
小山良明
梶川新次郎
関堂利男
小原茂
長沢信広
佐藤一二
計良翁助
堀尾正四郎
48
50
49
51
74
60
58
54
45
45
31
32
43
45
33
39
46
63
36
62
59
56
65
64
72
50
43
38
41
65
51
36
45
55
55
54
53
54
59
45
52
34
57
54
45
自由
推薦
推薦
推薦
自由
推薦
自由
推薦
推薦
推薦
自由
推薦
自由
推薦
自由
推薦
推薦
自由
推薦
自由
推薦
自由
推薦
推薦
自由
推薦
自由
推薦
推薦
推薦
自由
推薦
推薦
推薦
自由
自由
推薦
推薦
推薦
自由
推薦
自由
推薦
推薦
推薦
農業
弁護士
食料品,文具商
農業
弁護士
醸造業
会社員
薬種業
獣医師
製菓業
農業
弁護士
建築請負業
旅行具製造業
洋服商
塗料商
農業
土木建築請負業
製氷業
会社員
会社員
会社員
金融機関役員
醸造業
農業
製饀業
青果鮮魚商
貸地業
弁護士
運送業
会社員
玩具商
貿易商
弁護士
貿易商
農業
農業
電気器具商
農業
会社員
土木建築請負業
家具製造業
貸家業
質業
果実商
547
506
482
415
406
399
379
361
355
353
344
340
333
330
330
329
328
325
323
322
322
321
319
318
316
316
312
306
304
300
300
299
296
289
289
287
287
286
284
284
283
282
280
278
278

昭18.12.26死去








昭18.8.10失格(応召),21.2.27復職
昭19.6.25失格(応召),同12.15復職


















昭18.11.25辞職
昭22.1.29辞職



昭22.1.29辞職








昭18.9.30繰上当選,21.7.3死去
1.『札幌市会小史』(第1~6期)を基に,『札幌市公報』『札幌市事務報告』『北タイ』により加除修正した。
2.年齢,党派,職業等の確定は難しいので,基本出典に拠ったものが多く,疑問が残る。空欄は不明による。