札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第3巻 通史3

第七編 近代都市札幌の形成

第一〇章 宗教活動の社会的展開

第二節 寺院と「市民仏教」の展開

一 寺院・仏教と地域社会

 札幌区の人口は明治三十二年で約四万人であった。それ以降は三年間で一万人ずつ増加するという急激ぶりであり、四十一年には七万人を突破し、四十四年以降は九万人台となっていた。このような人口増加は新寺の創立を導くようになった。この時期は先の専修寺別院、興正寺別院の他にも、三十三年に曹洞宗龍松寺、三十五年に真言宗高野派の隆光寺、四十年に曹洞宗大覚寺などが創立されている。ただし当時、寺号公称を得ての寺院創立は、檀家戸数、境内地、基本財産などにより制限されており、それを得ることはなかなか難しかった。その代わりに簡易な聞法の場となる説教所がつくられている。区内には特に日露戦争後に多くの説教所が創設されていた。
 表3(abc)は、大正十年現在の札幌区内の寺院及び説教所、諸町村の寺院を一覧したものであるが、宗派別にみると区内の寺院は一八カ寺のうち浄土真宗が六カ寺、曹洞宗が四カ寺となっている。説教所の方では一七所のうち浄土真宗が六所、日蓮宗が五所であった。
表-3a 札幌区内寺院一覧(大10現在)
寺名宗派創立所在地檀家数檀徒数
大谷派本願寺別院大谷派明 3年7月山鼻町1,700戸7,443人
中央寺曹洞宗  7.9南6西38505,950
本願寺札幌別院本願寺派  8.南4西51,1035,515
経王寺日蓮宗 13.4.1豊平町5503,300
新善光寺浄土宗 17.4. 25南6西16053,050
新栄寺新義真言宗智山派 22. 12.17南7西32351,175
北海寺法華宗 23.6.6南2東42792,198
慧林寺大谷派 24. 12.11豊平町2631,623
順正寺浄土宗西山派 27.9豊平町173942
玉宝寺曹洞宗 31.4. 11南7西7120525
龍松寺曹洞宗 33. 12.7豊平町1641,044
興正寺別院興正派 34.9. 23南2西5240640
専修寺別院高田派 35.2. 20南4東42981,907
隆光寺真言宗高野派 35.5. 31北5西2076294
大覚寺曹洞宗 40.3. 12元村町82871,578
堯祐寺本願寺派大 2.5. 30大通西16150150
日泰寺本妙法華宗  5.4. 18山鼻町236944
顕本寺顕本法華宗 10.6. 11白石町106110
1.一部数値を大正10年より補訂。
2.創立は経王寺より寺号公称の年時を採用。
3.本願寺派浄土真宗,大谷・興正・高田派は真宗の冠称を省略。
4.『大正11年札幌区統計一班』より作成。

表-3b 札幌区内説教所一覧(大10年現在)
説教所宗派創立所在地檀家数檀徒数
湯殿山真言宗智山派明21年10月豊平町360戸360人
三条説教所大谷派 25.3南3西12621,278
叡山教会三十号分社太子講本部天台宗 27.3南6西2344475
本願寺北八条説教所本願寺派 29.3北8東2320640
札幌別院所属北九条説教所大谷派 31.12北9西2540
経王寺説教所日蓮宗 37.3南6西785305
説教所浄土宗西山派 40.12南7西2165575
説教所浄土宗西山禅林寺派 41.3南7西2140427
説教所日蓮宗 41.5北1東7103556
説教所大谷派 41.9北3東3
苗穂説教所本願寺派 42.12苗穂町180
上宮教会真言宗 43.1北8東2100290
喜徳教会所日蓮宗 44.11南5西2130216
恵照寺三門徒派説教所真宗三門徒派 45.3南2東49494
錦織寺札幌説教所真言木辺派大 4.1南2西9200280
妙法喜徳説教所日蓮宗  5北7西2100413
正中教会所日蓮宗  6.9南1西8125578
1.本願寺派浄土真宗,大谷・興正・高田派は真宗の冠称を省略。
2.『大正11年札幌区統計一班』より作成。

表-3c 諸町村寺院一覧
寺名宗派寺号公称所在地檀徒数
法国寺大谷派明20年3月8日札幌村苗穂421人
本龍寺日蓮宗明14.7. 25150
高恩寺本願寺派明32.7. 18121
龍雲寺浄土宗明19.9.6篠路村元村150
教願寺大谷派明28.9. 18同  十軒200
日登寺日蓮宗明15.3. 13琴似村山手134
浄恩寺大谷派明19. 10.4同  川添106
覚王寺本願寺派明37. 10. 14同  新琴似150
観音寺曹洞宗明37. 11. 16同  同110
光明日蓮宗明40.7. 30同  同175
兼正寺大谷派明37.8.5手稲村下手稲
祥龍寺曹洞宗明30.4. 30同  同
瑞龍寺曹洞宗大 9.3.9藻岩村円山134
宝流寺本願寺派大 9.1.7同  八垂別130
長専寺浄土宗明30.9. 18豊平町平岸村本村
光円寺本願寺派明34. 11. 18同  月寒村厚別北通
福住寺本願寺派明35. 10. 23同  同  西通
新三井寺天台宗明44.6. 28同  豊平村
妙現寺大谷派大 6.3同  平岸村石山
含笑寺曹洞宗大 6.3. 12同  同  簾舞
善住寺本願寺派大 6. 12.5同  同  石山
智徳寺大谷派明32.5. 20白石村厚別
安楽寺本願寺派明32.9. 18同  同
教照寺大谷派明43. 12. 10同  本通
北引接寺天台宗大 7.3.8同  本通
大行寺興正派大 8. 11.7同  大谷地
1.本願寺派浄土真宗,大谷・興正・高田派は真宗の冠称を省略。
2.檀徒数は札幌村(大10),篠路村(大14),琴似村(大15),藻岩村(大12)の各村勢要覧による。

 一方、諸町村でも人口は伸びており、七カ村の人口を合計すると、三十二年に約三万三〇〇〇人であったものが、四十二年には四万人となっている。三十二年以前は諸町村では一〇カ寺が存在していたが、三十三年以降は一六カ寺が新たに創設され、表3で示したように十年現在で二六カ寺となっていた。その中でも浄土真宗は多く、大谷・本願寺派が各七カ寺あり、次に曹洞宗四、日蓮宗三カ寺となっていた。町村別にみると人口、面積が最も大きかった豊平町に七カ寺あり、ついで琴似・白石村に各五カ寺があった。
 上記の寺院・説教所数から推測がつくように、札幌市域では浄土真宗の教勢が最も強く、続いて曹洞宗、日蓮宗であったといえる。