札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第3巻 通史3

第七編 近代都市札幌の形成

第六章 社会問題の諸相

第三節 小作問題の台頭

二 小作争議の発生

(二)篠路村・拓北農場争議

 さて、谷から農場の経営権を譲り受けた岩崎久弥は、当初は岩手県に所有する小岩井農場の所属としたが、大正三年に浅羽靖等の所有する北見牧場(宗谷郡猿仏村)の経営権を入手、拓北農場と改称した際に同農場の支場に編入した。設立直後の拓北農場は、本場のほかに四支場を持つ大農場であった。その概要を示すと次のごとくである(殖民公報 九四号)。(イ)本場(宗谷郡猿仏村、面積八一四五町九畝八歩)、(ロ)篠路支場(札幌郡篠路村、一〇五〇町)、(ハ)同附属果樹園(札幌郡苗穂村、五町八反)、(ニ)初山別支場(苫前郡初山別村、一八八七町)、(ホ)雨龍支場(雨龍郡多度志村、三三六三町)、(へ)安平支場(勇払郡安平村、一五二一町)。
 このように、本場と支場を合わせると、総面積は一万五九七二町七反八畝に達し、小作人の総数も三〇〇戸を数えていた。もっとも本場の農耕適地はその約三七パーセントにあたる三〇〇〇町程度であった。そして、六年当時の本場には三〇戸の小作人がおり、翌七年には四一戸、二一五人に増加していた。