札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第3巻 通史3

第七編 近代都市札幌の形成

第五章 交通・通信の近代化

第二節 通信事業の整備と発達

二 札幌の郵便

 この時期の郵便量の変遷は、明治四十三年から札幌区で発行された『札幌区統計書』及び『札幌区統計一班』で集計したものが、表2のようになっている。しかしそのため他町村についての数値は含まれていないと思われる。また『北海道毎日新聞』(後に北海タイムス)では毎年毎月というわけではないが、郵便関係の月報が載っている。それでは明治三十三年二月分の数値は、郵便引受二五万三五一二通、郵便配達一七万一八四一通である。この数値と表2の数値を比較すると、社会の発達と共に利用数量が増えていることが判明する。しかし小包の利用数がほとんど横ばいなのは、不明である。輸送機関の発達のため輸送方法が多様化しつつある事を示しているのであろうか。
表-2 札幌区内郵便及び小包数
年度郵便引受小包引受引受合計郵便配達小包配達配達合計
明治39年度
明治40年度
明治41年度
明治42年度
明治43年度
明治44年度
明治45・大正元年度
大正 2年度
大正 3年度
大正 4年度
大正 5年度
大正 6年度
大正 7年度
大正 8年度
大正 9年度
大正10年度
大正11年度
5,373,388
6,463,752
6,865,944
8,766,427
9,073,580
9,715,302
8,339,793
9,870,638
9,515,589
10,655,551
12,336,445
13,607,968
16,356,534
17,807,782
17,508,264
15,534,034
18,663,021
114,830
136,850
139,522
 66,998
176,694
 56,707
 53,637
 56,984
125,763
216,159
289,744
 45,700
 59,373
 56,381
 39,055
133,616
436,347
5,488,218
6,600,602
7,005,466
8,833,425
9,250,243
9,772,009
8,393,430
9,927,622
9,641,352
10,871,710
12,626,189
13,653,668
16,415,907
17,864,163
17,542,319
15,667,650
19,099,368
4,151,067
5,912,574
5,998,948
7,538,521
7,715,191
7,833,975
8,086,263
8,230,573
8,006,178
9,457,193
10,481,071
13,675,535
16,523,898
14,959,221
14,849,100
16,435,274
19,521,221
94,998
106,759
134,454
100,173
189,818
183,984
166,887
165,265
135,042
196,265
211,825
163,472
193,069
161,020
157,464
304,890
356,321
4,246,065
6,019,333
6,133,402
7,638,694
7,905,009
8,017,959
8,253,150
8,395,838
8,141,220
9,653,458
10,692,896
13,838,707
16,716,967
15,120,241
15,006,564
16,740,164
19,877,542
札幌区統計書』(明43~45),『札幌区統計一班』(大2~13)より。数値は原文のまま。