札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第3巻 通史3

第七編 近代都市札幌の形成

第三章 産業化の模索と進展

第二節 鉱業・エネルギー産業

一 鉱業

 手稲鉱山は本格的に操業するのは昭和にはいってからである。しかし、その試掘は明治二十六年頃から行われていた。手稲村星置の農民鳥谷部弥平が試掘権を得て、明治四十年頃まで私財を投げうち瀧ノ沢付近を探鉱したが成功しなかった。続いて大正五年、北海道庁技師石川貞治が試掘権を得て手稲鉱山と称して開発に着手した(手稲鉱山史 昭和十四年十二月末日迄)。
 新聞記事によると、石川貞治は五年十一月東京の白石鉱業所と試掘採鉱の契約を交わし、同鉱業所佐野正二技師が調査を行った。その結果有望な鉱床を発見したので、槇鉄男を主任として採鉱することになったという(北タイ 大5・12・23)。翌年一月の記事にも、「最近手にせる鉱石の品位は頗る良好なり」といわれている(北タイ 大6・1・20)。しかしその後資金難に苦しみ、閉山のやむなきに至った。投資額二万五〇〇〇円といわれている(手稲鉱山史)。
 このほかに現札幌市域において試掘、探鉱が行われた鉱区は数多くあった。表14に大正九年七月現在の旧札幌郡内試掘鉱区一覧を掲げた。二五人(社)の事業者が、四一鉱区の鉱業権を得ていることがわかる。登録年月はすべて大正七年以降であり、それ以前に試掘された所はすでに放棄されているのであろう。地域的には豊平町がもっとも多く、事業者数にして一四、実数にして二九鉱区をしめている。久原鉱業のほかに日本製鋼所、古河鉱業などの大企業が試掘権を得ている。しかし、これらの鉱区のほとんどは本格的な鉱山経営に至らず断念されることになるのである。
表-14 札幌郡内の試掘鉱区(大9.7.1現在)
町村鉱種登録年月鉱区坪数鉱業権者所在地
手稲金銀銅大7. 7549,450矢野荘三郎外1名愛媛県
琴似・手稲 7. 71,000,000糸谷芳太郎夕張郡夕張町
広島石炭 7. 8990,000有田利之助札幌区
手稲・朝里 7. 9857,340株式会社日本製鋼所東京市
豊平 7. 9603,332後志製鉄株式会社東京市
豊平石油 7. 9643,330宝田石油株式会社新潟県長岡市
琴似・手稲金銀銅アンチモニー 7.111,000,000糸谷芳太郎夕張郡夕張町
豊平金銀銅 7. 41,000,000河崎亥三吉外2名札幌区
豊平 8. 4675,600野呂田良太外1名小樽区
琴似金銀銅アンチモニー 8. 6467,300石川貞治札幌区
豊平・広島・白石石炭 8. 6968,770鈴木信外1名東京市
豊平石油 8. 6436,907日本石油株式会社東京市
手稲・朝里金銀銅鉛亜鉛 8. 7349,872株式会社日本製鋼所東京市
手稲・朝里金銀銅 8.10992,800青木慶三郎外1名東京市
豊平 8.12260,000松原幸一札幌区
札幌 8.12610,200坂井幸次郎外1名札幌郡琴似村
藻岩金銀銅 9.3~41,932,625 (2)笠島梅吉外3名札幌区
広島石炭 9. 4886,500三浦福治外2名札幌郡豊平町
豊平金銀銅 9. 5661,500古河鉱業株式会社東京市
豊平金銀銅亜鉛 9. 6688,900石本民治外2名札幌区
豊平金銀銅亜鉛硫化鉄 9. 61,578,500 (2)泉富蔵札幌区
豊平砒アンチモニー 9. 6756,650狭間孫兵衛外2名札幌区
豊平金銀銅 9. 6737,100中居今札幌区
豊平金銀銅鉛亜鉛アンチモニー他 9. 611,265,563(15)久原鉱業株式会社東京市
豊平金銀銅亜鉛硫化鉄 9. 6459,645丹羽定吉大阪府
1.鉱区坪数の右の( )は鉱区数。
2.農商務省鉱山局『札幌鉱務署管内鉱区一覧』(大正九年七月一日現在)より作成。