札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第3巻 通史3

第七編 近代都市札幌の形成

第二章 諸町村の近代化と行財政

第二節 ムラの変貌と近代化Ⅱ

二 豊平村・豊平町

 大字平岸村は豊平川上流域まで含む広域であったが、三十三年の戸数は三三八戸、人口は一七六五人であった。三十三年に平岸村に公有地を審議する評議員が設置された時に、平岸村では本村、中嶋、東裏、山ノ上、真駒内、石山、簾舞、農学地、盤ノ沢の各地区から選出されており(豊平村治留)、以上の九地区に分けられていたことがわかる。
 三十三年当時は、「字石山に軟石採掘業ヲ営ナムノ十数戸、字真駒内ニ種畜場牧夫タルモノ十数戸ヲ除ク外農専業者」(豊平町史資料三)といわれ純農業地域であった。農地は水田二三町七反、畑七八八町九反であったが、果樹園が五〇町ほどあり、リンゴなどの果樹がすでに特産となっていた。末広愛吉三上音槌山際孫四郎柳田文太郎南部源蔵などの経営する大規模な果樹園もみられていた。
 四十二年に平岸果樹組合がつくられ、大正四年の組合員数は四〇人、栽培面積は一二〇町歩に及んでいた。組合では毎年十月に果樹品評会を開催し、技術・生産の向上がはかられていた。大正五年に定山渓鉄道が村内を通過する計画が発表されると、三二人の村民は反対運動を行ったが、反対の理由は果樹に及ぼす汽車の煙害にあったというのも、いかにも「果樹の里」ならではの理由といえよう。