札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第3巻 通史3

第七編 近代都市札幌の形成

第二章 諸町村の近代化と行財政

第一節 ムラの変貌と近代化Ⅰ

四 手稲村

 手稲村は明治三十五年四月一日に上手稲村下手稲村山口村の三村を合わせて二級町村制が施行されて成立した。村内は旧村を継ぐ三大字に編成された。四十二年の戸数・人口は上手稲村が二三八戸一三七六人、下手稲村が二八二戸一六七五人、山口村が九七戸六二一人であった(手稲村史原稿)。上手稲村山口村が純農村であったのに対し、下手稲村には停車場、村役場がある軽川に市街が開けており、前田農場、北海道造林会社、日本石油製油所などの事務所・施設も存在していた。
 手稲村の広袤は東西三里七町(約一一・四キロメートル)、南北三里二四丁(約一四・四キロメートル)、面積約七・九方里(約一二一・七平方キロメートル)あり、札幌区の周辺村の中では豊平村(町)に次ぐ面積を有していた。南部に手稲連峰があり、約四割が山林で占められていた。行政区域は七部に分かれていたが、大字上手稲村は上手稲・西野、大字下手稲村軽川・三樽別・下手稲星置、大字山口村は山口・星置の各字が該当するとみられる。