札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第3巻 通史3

第七編 近代都市札幌の形成

第一章 札幌区の成立

第三節 行政司法等の機関

二 諸官公署

 札幌は役所のまち、給料取りのまちと呼ばれるようになるが、どのような官公署が設置されたのであろうか。設置主体が国、道庁、区町村のいずれによるか、管轄区域をどの範囲にするか、事業内容、予算規模、職員数等によって、庁舎の建つ地元への影響が異なることは容易に考えられる。住民の日常生活に直接関係する区役所、町村役場、病院、学校、消防、警察、郵便局等については、各章節において述べるので、ここでは札幌に庁舎があって、より広域を管轄区域とする官公署について概観する。
 表12は大正七年(一九一八)の主な官公署としてあげられたものだが、市街地周辺に設置された多くがはぶかれている。たとえば苗穂(札幌村)には札幌監獄、陸軍糧秣廠が、豊平には陸軍歩兵二五聯隊、月寒種牛(羊)場、水産孵化場がある。琴似には大正十年工業試験場庁舎が建ち、翌年設立が認可され、表中の農事試験場も大正十四年琴似へ本場庁舎を移した。表中の住所をみると業務の関連により庁舎位置が特定されることが多い。それは札幌の人たちが諸機関の誘致にかけた努力の結果であり、偶然のなりゆきではない。ある時は苦労して入手した区役所の敷地建物を鉄道管理局に提供し、司法地区形成にも長年の強い働きかけがあった。
表-12 札幌区の主要官公署(大正7年)
機関名住所機関名住所
◇道庁
 北海道庁
 同 札幌支庁
 北海道会議事堂

北3西6
北2西5
北海道庁構内
◇軍事機関
 札幌聯隊区司令部
 札幌憲兵分隊

北1西10
大通東2
◇鉄道機関
◇道庁出先機関
 札幌警察署
 巡査教習所
 度量衡検定所
 札幌一等測候所
 土木派出所
 農事試験場
 同 蚕業講習所
 蚕業取締所
 種畜場
 札幌営林区署
 同 札幌森林監守駐在所
 物産陳列場
 感化院

北1西5
北海道庁構内
北海道庁構内
北8西9
北海道庁構内
北20西8
北1西19
北3西7
豊平町真駒内
北海道庁構内
札幌営林区署内
中島公園
藻岩村
 鉄道管理局
 同 札幌運輸事務所
 同 通信区
 同 札幌駅
 同 苗穂駅
 同 札幌機関庫
 同 札幌保線区
 同 札幌保線事務所
 同 列車電燈所
 同 札幌列車従事員詰所
 同 札幌本倉庫
 同 教習所
 鉄道院札幌工場
北5西4
北5西3
北5西3
北6西3
苗穂町
北6西3
北5西3
札幌駅構内
札幌駅構内
札幌駅構内
北3東1
北5西3
苗穂町
◇通信機関
◇司法刑務機関
 札幌地方裁判所
 札幌区裁判所
 同 検事局
 同 執達吏合同役場
 札幌監獄札幌区出張所

大通西13
大通西13
大通西13
大通西14
大通西13
 逓信局
 札幌郵便局
 札幌鉄道郵便局
 通信生養成所
大通西2
大通西2
大通西2
南7西1
 
 
◇税務砿務帝室林野機関
 札幌税務監督局
 札幌税務署
 札幌砿務署
 帝室林野管理局札幌支局
 同 札幌出張所
 同 札幌分担区員駐在所

大通西7
大通西7
北6西5
北1西2
北1西1
北1西1
1.『札樽案内』(安岡北州 大7)により機関ごとに配列した。
2.同書に官公署として記載された次の機関は省いた。
札幌区役所北海道農会札幌商業会議所北海道教育会附属図書館東北帝国大学農科大学図書館,北駕文庫,戊申文庫

 こうした街づくり計画の中で官公署の誘致がはかられたが、実現をみずに落胆することもあった。たとえば逓信省の貯金支局誘致では、小樽区と争いついに失敗に帰し「貯金支局設置問題ハ其後引続キ小樽区ト対抗的態度ヲ持続シ来リタルカ、逓信当局ニ於テ比較実査ノ結果、小樽区ヲ以テ適当ナリトシ同区ニ設置セラルヽニ至リタルハ遺憾ナリトス」(札幌区事務報告 自大正四年十月至五年九月)と報告しなければならなかった。これは日本銀行の札幌支店問題とともに経済力の札樽較差が背景にあり、また開設後札幌を離れて他地域へ庁舎を移すものもあり、第七師団の旭川移転はその代表といわれる。
 表中の行政機関で札幌に最も大きな影響力を及ぼしたのは、内務省の地方出先機関である北海道庁で、その立地論争は前述した。明治三十年北海道庁官制改正により、道庁の出先機関として札幌区、札幌、石狩、厚田、浜益、千歳の五郡町村を管轄する札幌支庁が、現中央区大通西三丁目に置かれた。三十二年札幌区は区制施行により管轄からはずれたが、庁舎焼失後、四十一年に中央区北二条西五丁目に新築移転した。その際豊平町への移庁が論議されたものの実現せず、大正十一年石狩支庁と名称を改めた。表にのっていないが、道庁出先機関として明治四十三年開設の石狩川治水事務所、大正十年開設の自治講習所があった。
 北海道会は明治三十四年開設され、第一回臨時会(明34・10・21~24)、同通常会(10・25~11・20)は札幌中学校の屋内運動場を仮議場とした。翌三十五年九月、道庁構内に議事堂が落成し、第二回臨時会(明35・10・15~20)から使用した。