札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第2巻 通史2

第六編 道都への出発

第七章 札幌進展期の社会生活と文化

第二節 生活のなかの結社団体と国家

一 結社団体の勃興と諸活動

(Ⅲ)各種同好・親睦型団体の活動

 これは、前述の趣味・愉楽とは性格を異にする結社団体で、親睦・懇親をその目的に据えている。たとえば、同郷出身者あるいは同窓生といった強固な結びつきを媒介としたものや、さらには札幌といった新しい地域社会で新たな結束を求めようとする意識から芽生えていったものといえよう。
 周知のとおり札幌は幕府時代から居住していた人びとはほんの少数であり、ほとんどが明治維新後本州以南よりの移住によって形成された集合体である。それゆえ、本能的かつ自然発生的な同郷意識を重要視した社会生活を営んできたといっても過言ではないであろう。それは同郷者がひとつの核となって市街や村に集団で移住してきた経緯にもよるものでもある。たとえば、風俗・習慣等を同じくする同郷者にとって冠婚葬祭がまず顕著な例ではなかったろうか。しかし、それがやがて近代的人材養成のための学校を巣立った同窓生の結社団体や、前述の新たな地域社会札幌を墳墓の地とする者同志の連帯を求める結社団体も生まれていった。ここでは、そういった結社団体を同郷・同窓・その他の三つに分けて当時の新聞等から拾いあげ列挙するにとどめたい(表14)。
表-14 同郷・同窓その他の結社団体
【同郷会】
会 名創立・開催日備 考
松友会26・1・15旧松前藩出身者の親睦。
青森県津軽出身者親睦会20・12・3二十九年青森県人懇親会。
岩手県人親睦会20・9・2二十五年岩手県並南部人親睦会。
仙台親睦会12・毎年五月中島遊園地にて藩祖祭。
秋田県人懇親会22・1・15二十七年秋田北海協同会発会。
米沢人親睦会22・11・3二十八年第一回山形県人大親睦会。
旧会津人親睦会21・10・8
奥羽六県青年懇親会24・11・3
茨城県人懇親会26・第一回を小樽で。
栃木県人懇親会31・10・3阿由葉勝作外一人来礼を機に開催。
群馬県人懇親会24・8・16高津代議士来礼を機に開催。
千葉県人懇話会32・7・7
東京人親睦会26・2・1第一回。発起人前野長発黒柳喜三郎
関東人懇親会29・4・5発起人伊藤辰蔵、前野長発ら一〇人。
北越親睦会15・1・15第一回。二十年七月第二回。
富山県人大懇親会27・1・13在小樽・札幌。三十二年富山県同志会発会式。
石川・富山両県人親睦会20・9・4二十四年加越能三州人親睦会。
石川県人懇親会29・1・26発起人柴田与次右衛門外一七人。
福井県人大懇親会23・1・25発起人藪惣七、南部源蔵、岩崎粂三郎ほか。
山梨県人懇親会32・9・23山梨県郷友会規則。
信濃有志懇親会22・2・2信濃会設立。
岐阜県人懇親会27・2・10発起人犬飼吉也、高橋日出逸ほか。
愛知県人懇親会26・1・8尾三協会設立。
三重県人懇親会26・2・1幹事土屋徹、加藤英一。
江州人大懇親会26・2・19発起人岡田佐助、宇野保太郎ら。
京都府有志懇親会24・8・25発起人横田万寿之助、中井三次郎。
大阪府人懇親会24・8・10
和歌山県人親睦会22・9・11大洪水罹災者救恤義捐金募集。
鳥取県人懇親会30・2・6村田不二三、小谷熊造。
島根県人送別会30・3・21発起人高岡直吉。北海道製麻福田氏送別会。
岡山県人春季大懇親会25・3・28発起人橋本左五郎。
広島県人懇親会30・4・5和田郁次郎、河合保四郎ら。
山口県人懇親会21・1・5高州尚友、岡勇。
阿淡人懇親会22・4・21第二回。阿部宇之八
讃岐同郷会25・2・27のち香川県同郷懇親会と改称。
愛媛県人懇親会28・4・14北水協会井村陳政、札幌麦酒会社渥美周恒。
高知県人大懇親会32・9・30発起人土居、福留、武市、大谷、坂本ら。
四国人懇親会29・3・7発起人瀧本五郎阿部宇之八
福岡県郷友会23・
佐賀県人懇親会29・1・18肥前協会北海道支部となる。
熊本県人親睦会24・1・25第一回。発起人林文次郎。三輪光儀、出田平馬。
大分県人親睦会24・8・2
宮崎県人親睦会32・12・29発起人谷山一介。
西郷隆盛の祭典22・二十四年故南洲翁十五年忌。

【同窓会】
会 名創立・開催日備 考
札幌農学校同窓会20・ 5・幹事佐藤昌介
慶応義塾同窓会24・ 5・30東京庵にて同窓会。
成立学舎同窓会26・ 1・22旧実業舎内で同窓懇親会。
北鳴学友会27・ 1・20文学・同窓会の両会併合設立。
東京専門学校同窓会30・10・10東京庵にて春季大会。
東京法学院同窓会31・ 8・18北海道支部発会式。
明治法律学校同窓会32・ 1・28校友親睦会。

【その他】
会 名創立・開催日備 考
有志懇談会20・ 3・市中有志発起。北海道に関する意見。酒席、自由談話。
北友会24・ 3・親睦、天災、病死の互助。
北海道倶楽部24・ 6・ 7地方公共の利益。発起人対馬、南部、新田、藪ら。
札幌協会21・ 6・親睦、協和、風儀矯正。
札幌倶楽部22・ 3・大島太郎、谷吉三土田政次郎ら。
官民懇親会26・ 2・17札幌を墳墓の地と定むる人。発起人谷、後藤、土田、今井ら。
官民倶楽部30・10・10付和親談合と図書館設立を目的。
親睦互救会30・ 7・18付月二十五銭積立て、親睦互助。