札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第2巻 通史2

第六編 道都への出発

第五章 教育の充実

第三節 中・高等教育の発展

三 札幌農学校の発展

 各種学校は多くの段階のものがあるが、便宜上ここで述べる。私立小学校またはそれに類するものは前述したが、それも含めてこの時期創立されたものの概要を示すと表14のとおりである。
表-14 各種学校一覧
開設年月日学校名教科名修業年限廃止年月日住所設置者
20・1・15スミス女塾三カ月北一西六スミス
20・4英語講習所長谷川豊太郎
20・7・11札幌女子職業学校裁・洗濯・編物・刺繍・家事・読書・算術三年・一年・二年22・7・30北一西四三吉笑吾
20・12・15札幌簿記学伝習所簿七カ月23南四西五中村健太郎
20北海学校田中文治郎
21・3・1敬業塾(館)漢・数・英・普通科四年25南三西六ノ二大谷發
21・9・15独逸学講習所二年24北一西七ノ三玉井喜作
21・12北海道電気通信技術伝習生養成所電気通信技術・電信法規・通信機械取付方と調度・アラビア数字およびローマ字六カ月
22・1・21北海道庁監獄署内看守教習所監獄実務六〇日(前期)
九〇日(後期)
苗穂監獄署内北海道庁監獄署
22札幌養蚕伝習所養蚕六カ月北一西一九北海道庁殖民課
22・6・1札幌薬学校化・物・調剤・製薬二年24・5南四西一ノ一三勝山忠雄
24・2・11北海女学校普通科36・3南二西四北村暎吉
22・12・1育成学校漢・英・数・倫六年南三西五ノ一二安田貞謹
22看護学校
23・3札幌簿記専修学校簿一年島津千代松
23・4札幌産婆学校産婆八カ月南一東二堀田マチ
23・9進取学舎和・英・数・画四年板垣静介
23・9共立学舎簿一年24・1・21南一西五春名鍵之助
23・10遷喬舎三年佐藤信政
23・12・1時習館漢・英・数・簿三年南二西六富所廣吉
24・6・17時習館附属小学校小学・簿・英・数・漢南二西六富所廣吉
24・6札幌実業学校普通科・農芸科南三西五ノ一二三摩三策
24・8・23太平学校簡易普通科三年26・3・6南一西八木村東吉
24・9・11北海道庁巡査教習所整式・警察法・刑法及刑事訴訟法要領・捕縄法・撃剣柔術及喞筒使用法北一東一北海道庁警察部所管
24・9北鳴学校尋常中学科五年28・3北八西四堀基
25・1・12旭学校附属小学校普通科四年南三西六大谷發
25・5簿記専門学校簿・商業官庁銀行用六カ月南五西六浅野直三郎
25・8・15北洲学舎普通小学・数・英・漢26・1・25南三西五小牧織次郎
25札幌簿記学校簿記九カ月南一東四仙田登太郎
24・12・1北海道露語研究会のち露清語学校露・普通科33北一西三中野二郎
26・2速成学館和漢・英・数・土木・修六カ月 三年南二西六ノ一〇高橋棟
26・4進修学舎南三西八丸山子堅
27・1北海英語学校附設商業夜学科浅羽靖
27・8札幌産婆教習所解剖・生理・看護法・産婆術実習・模型実務外四科本科二年
専攻科一年
北一西八佐山英雄
(のち撫養円太郎)
27遠友夜学校修・国・地・歴・算・図・唱・小学普通科本科三年
予科一年
南四東四新渡戸稲造
28・11三成学館北四西四夏井庄六
28・12上守寺子屋読・書・算北八西二上守祐真
29・8・3裁縫専門学校修・国語・裁・刺繍三年南一西四字野伊三郎
30・2日本赤十字社北海道支部救護養成所看護北一西五
33・4・2北海露語学校露語・清語・国文・数学・倫・外六科普通科四年
専科三年
37・10北六東二対馬嘉三郎
30・4・1北海真宗学館読・修・宗教34・3南七西七大照徳順
30・5簡易土木工学校運輸・測量・道路・橋架・築港・数学・実習製図二年北三西七北村廣吉
30・11行余学校普通科北六東二北海道製麻会社
30鉄道運輸事務伝習所北六西四
31・9真明塾修・読北三西七神楽江董
31・11・25札幌商業研究会商法・経済・簿記・英語大通西三
32・10札幌青年学校北三西五
32・12北海道庁給仕教育舎国・算・作・習・英外三四年北一西五ノ一小野徳太郎
32幌南学校普通科三年41・8・31中島遊園地山崎孝太郎
32北海女学校夜学部英語・国語・漢学・数学36・3大通東三北村暎吉
1 山崎長吉『札幌教育史』上巻および新聞資料などによる。
2 国-国語 算-算術 作-作文 習-習字 読-読書 英-英語 独-独語 漢-漢学 修-修身 裁-裁縫 商-商業 画-画学 数-数学 簿-簿記 化-化学 物-物理 倫-倫理 和-和学 地-地理 歴-歴史 書-書取

 小学校に類するもの以外についてみると、語学漢学を主とするものおよび職業教育を主とするものの多いのが特徴的といえよう。語学を主としたものの中には、表には記載されていないが、十八年設立の北海英語学校は、札幌農学校予科受験の関係で数学、漢学等を加え、さらに予備科をおいたほか、二十七年に附設商業夜学科をおいた。スミス女学校は、前述のとおり北海道尋常師範学校の御雇英語教師とし赴任したサラ・クララ・スミスによって設立された私塾である。
 また、札幌女子職業学校はその内容はその名と異なって、職業教育を主としたものとは考えにくい。まず教科は読書、算術等の普通科目のほか、料理、洗濯等があるが、いずれも西洋洗濯、西洋料理など和洋双方があり、また生徒はほとんど「官吏の妻女」であって、それ以外は入学できないと誤認するものもあり(北海道毎日新聞 二十一年二月十一日付)、かつ授業料も高額(原則月一円)である。これらからすると、この学校はむしろのちにいう花嫁学校的なものといえる。
 これ以外の職業学校の設立にもいくつかの場合があった。たとえばほぼ民間で設立したものとして速成学館の土木学科、さらに簡易土木学校などがある。二十年設立の札幌簿記学伝習所などもこれに含まれるであろう。また民間の設立ではあるが、札幌薬学校札幌産婆学校のように、区立札幌病院の連携と協力により設立、運営されたものもあった。また官庁がその必要上設置したものとしては北海道電気通信技術伝習生養成所(札幌電信局内)、北海道庁監獄署内看守教習所、札幌養蚕伝習所、北海道庁巡査教習所等があり、それぞれの官庁業務遂行上必要な人材養成を行った。