札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第2巻 通史2

第六編 道都への出発

第二章 商工業の進展

第四節 その他産業の動向

二 煉瓦生産の開始

 煉瓦といえば江別市野幌が著名であるが、かつては札幌でも煉瓦の生産がさかんで、野幌よりも早く生産が開始されていた。札幌での煉瓦生産は、明治十年に工藤宇三郎が浦川通に工場を開き、開拓使工業局に一万一〇〇〇個を納入したのが最初であるという。その後十三年に工業局でも月寒村に瓦製造所をつくり、焼成試験なども行っていたが、本格的に民間の諸工場が開業し生産が活発となっていくのはこれ以降である。
 『札幌県勧業課第二回年報』(明治十六年)によると、遠藤清五郎は十三、四年に二度にわたり白石村に二万八〇〇〇坪の地所払下をうけ製造に着手し、十六年には瓦二五〇〇枚、陶器八〇〇〇個、煉瓦二万個(以上の売価五六〇円)を生産していた。遠藤清五郎は石川県の出身であり、故地で習得した技術を生かしたものだろう。
 続いて同じ白石村では、鈴木佐兵衛・豊三郎の父子による鈴木煉化製造所が十七年六月に開業した。鈴木佐兵衛は東京府南足立郡江北村出身で十五年九月に来札し、当時鉄道工事に需要の高かった煉化を供給する目的で、白石村八七番地に工場を設置したのである。十九年九月には月寒村西通(現豊平区福住)にも分工場を設け、二十三年に佐兵衛が死亡した後は豊三郎が経営にあたった。その後道内各地、樺太にも工場を開き、北海道を代表する優秀な煉瓦製造業に発展していった。鈴木煉化製造所は遠藤清五郎の工場を譲渡したものというが(白石村誌)、遠藤は二十三年五月に再び白石村七六番地に工場を設けており、三十一年十一月に佐藤貞次郎に譲渡された。

この図版・写真等は、著作権の保護期間中であるか、
著作権の確認が済んでいないため掲載しておりません。
 
写真-3 鈴木煉化製造所全職員(明治19年 江別市松下亘氏蔵)

 白石村では遠藤、鈴木に次いで十九年八月に平煉化場ができる。平煉化場は二十四年に亀田郡亀田村に移転し、同場は畠山(二十四年五月)・阿部(二十六年五月)煉化場と譲渡されていった。
 その他、白石村では小山内菊弥(三十年六月開業)、門谷吉太郎(二十三年一月)の工場もあった。
 月寒、白石村にひろがる月寒丘陵は、煉瓦製造に適した高品質の粘土の産地であったために、以上の白石村のほかに月寒村でも工場がおかれた。十九年九月に開業した鈴木分工場のほかに、二十年二月に松島煉化場ができ、二十二年に横山晋之助経営の横山煉化場となる。その後大久保清吉の経営する大久保煉化場にかわる。大久保煉化場の開業年月については、十五年九月(北海道庁第一四回拓殖年報 明治三十二年)、二十八年五月(同第一三回 三十一年)、三十年一月(同第一二回 三十年)の三説が伝えられているが、おそらく二十八年五月に横山晋之助から譲渡され、三十年一月に開業したとみられる。
表-18 煉瓦工場一覧
工場名経営者所在地開業年月職工数
鈴木煉化製造所鈴木佐兵衛
鈴木豊三郎
白石村87番地明治17年6月20
21
22
23
24
25
26
28
30
31
 68人
58
40
130
95
80
35

25
25
鈴木月寒分工場鈴木豊三郎月寒村西通明治19年9月30
31
32
15
21
12
平煉化場平ヤエ白石村明治19年8月20
21
22
23
25
25
18
100
畠山煉化場白石村明治24年5月24
25
35
30
阿部煉化場阿部賢二郎白石村明治26年5月26
28
20
遠藤煉化場遠藤清五郎白石村76番地明治23年5月23
24
25
26
28
100
45
40
20
小山内煉化場小山内菊弥白石村明治30年6月3012
門谷煉化場門谷吉太郎白石村明治23年1月3123
松島煉化場月寒村明治20年2月20
21
37
33
横山煉化場横山晋之助月寒村明治22年2月22
23
24
26
28
20
25
25
15
大久保煉化場大久保清吉月寒村北通明治30年1月30
31
32
21
24
15
滝田煉化場明治20年8月2027
明治20~23年の『北海道庁統計書』『北海道庁勧業年報』『北海道庁拓殖年報』より作成。