札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第2巻 通史2

第五編 札幌本府の形成

第五章 屯田兵制の採用

第三節 兵役と授産

二 授産事業

 開拓使は札幌市中及び周辺住民の就産策として、野桑保護、桑園開墾養蚕所、製糸工場設置等を積極的に進めていた。屯田兵への対応もその一環であり、実験実践推進集団としての役割を担い期待されたのである。
 屯田兵に当初給与された土地は原則としてすべて桑樹の植栽地にするよう奨励された。蚕を飼うためにここへ四坪に一本の桑苗を植えるものとされたから、一戸七五〇本を植えなければならない。当面は一兵村一八万本の桑園造成に取組み、琴似では十一年、山鼻は翌十二年にほぼその目標に達し、数の上では養蚕事業の基礎がすえられたことになる。その桑苗はまず東北地方で開拓使が購入したものを屯田兵に無償配布して植えさせたが、兵村の土地や気候になかなか馴じまず枯渇する苗が続出、各地に適苗を求め中国から輸入さえ試みた。自然条件にあって生育したのは石狩川沿岸に多く野生した桑樹で、安政期から箱館奉行が伐採を禁止し保護してきたものである。どちらかというと琴似は本州移入の培養桑、山鼻は地元野生桑を多く植える結果になった。
 この桑を飼料とする養蚕所(室)を九年に両兵村にそれぞれ開設し、用具をそろえ指導者を招聘して屯田兵の家族に養蚕技術を教え、さらに十二年にかけて施設の拡充整備につとめたが、両兵村で技法は異なった。このほか開拓使勧業課の養蚕所が野桑の豊富な江別市対雁、篠津に設置され屯田兵と家族が派遣されていたが、その所管を十二年屯田事務局に移して兵村運営に委ね、分隊へ発展していく。琴似山鼻両小学校でも指導にあたり、繁忙期は実習を兼ねてもっぱら蚕業にたずさわる課程が組まれていたし、各兵屋で飼育をすすめる助成もはかられた。一方、養蚕、製糸、機織技術の習得が札幌市中の施設だけでなく、本州先進地でなされた。札幌市中の養蚕伝習所や製糸所へは屯田兵全員が小隊単位で交代見学に出向くこととされ、本州へは家族のうちから希望者が派遣された。
 こうした努力にかかわらず、両兵村の養蚕事業は成果をあげるにいたらなかった。表7のように収繭はいたって少量で労力に見合う収益につながらず、数の上では定着したかに見える桑園も育成を怠る者が多く、枯損の補植をせず、樹間を畑作物の栽培に使用して農具で桑樹を傷つけるようになって衰退の途をたどる。この事業は開拓使が考えた屯田兵自活の二本柱の一つへ発展することなく、実験試行の段階を乗り越えることができなかった。
表-7 兵村の養蚕事業
事業培養桑野生桑掃卵種収繭
兵村
8年琴似3,750本0本0枚0
山鼻
9年琴似24,500054
山鼻0000
10年琴似141,016086
山鼻32,2360108
11年琴似154,93642,0004033
山鼻63,15256,6584027
12年琴似124,27424,80410130
山鼻68,352104,1055416
13年琴似157,03243,47010762
山鼻82,872162,8967918
14年琴似178,39945,1345036
山鼻104,202163,5015437
開拓使事業報告』第5編より作成。