札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第2巻 通史2

第五編 札幌本府の形成

第三章 殖産興業の扶植

第三節 官営工場の設営

三 物産局管理工場

 製粉事業は五年、雇米人ホルトに水車器械所に粉磨器械を取り付けさせ、小麦粉の製造を行ったことに始まる。粉磨機を木挽器械所に取り付けたため、麦粉に木屑が混じったり、また小麦の品質を選ばずに混ぜて粉にしたため品質が悪かった。そのため、九年七月新たに東創成町に一二馬力蒸気缶を備えた製粉所を設けた。原料の小麦は西洋種の赤白二種とし、混合しないようにして製造した。製粉所は十年十二月物産局管理下に入り、風土に適する種子について研究を重ねた。その結果、米国種赤皮白小麦が本道に適し、収量多く色味も他種に優ることを確認した。十二年以後その収穫に力を入れ、製品の移輸出にも力を入れた。九月に製品を東京に送り内外人の品評に供した。麵粉は横浜駐在外商レーン・クロフォード社の評価を得ている。なお十三年、別に一個の器械を設備し、麩(ふすま)(小麦の皮の粉)を分離する装置を設備した。また原動力に余裕があったので玉蜀黍磨砕器を装備している。なお十二、三年の生産高並びに経費は表9のとおりである。
表-9 製粉所生産高及び経費
種目12年13年
一番粉93100斤00 104783斤50 
4023円0006442円055
二番粉1800斤00 0斤  
54円5710円  
三番粉19782斤00 16800斤00 
433円140504円000
四番粉600斤00 100斤00 
8円1001円200
49780斤00 43329斤00 
494円697779円922
玉蜀黍0斤  0斤  
0円  0円  
合計165062斤00 165012斤50 
5013円5087727円177
興業費0円  0円  
営業費4580.5797202.822
収入5478.5767817.430
営業費差引+897.997+614.608
償還興業費897.997614.608
営業費0      0      
欠額補塡0      0      
開拓使事業報告』より作成。

 十五年一月の製粉所の現業職員は職夫四等一人、七等二人であった。これら製品は市民に払い下げられ、饂飩、素麵の業を営むものも現われた。市民に生活の糧を与え、払下げの要望も多かった。そのため十八年さらに北一条東一丁目に第二製粉場を設けた。そして在来の能率に欠ける石臼式に代え、米国製ローラーを装置し、年六〇〇〇石余の製造を行っている。