札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第2巻 通史2

第五編 札幌本府の形成

第一章 札幌本府の建設

第二節 島判官の札幌本府建設

四 昇平丸の沈没と米不足

 開拓使大蔵省から二年八月二十九日昇平丸咸臨丸の支給を受けた。北海道への物資補給と北海道産物の販売のための輸送用である。この二隻のうち咸臨丸は、二年秋には三戸県へお救い米を輸送したり(御用談留 道文五〇八)、また小樽へ魚油の輸送に従事させようという意図もあった(諸官省往復留 道文一四二)。その後咸臨丸は、四年十月仙台藩の陪臣たちの移住の航海の最中に沈没した(開拓使公文録 道文五四八八)。
 一方昇平丸は九月二十一日品川港を出帆する。この開拓使管轄後の初仕事が、銭函への物資輸送であった。積荷は、東京出帆時には函館銭函行きの一三〇〇俵余の米、函館では柾貫木タル木など二三八石余の材木を積み込んだ(旧開拓使会計書類 道文六三二六)。また島判官が十月二十三日「昌平丸モ無滞御地出帆相成トハ存候得共、今以着船無之、前文米穀甚払底ノ土地、頗困却イタシ候」とのべて、昇平丸を待ち受けている(開拓使公文録 道図)。さらに東久世長官も十一月十六日「其御地米不足之由、兼テ昇平丸を以廻米之筈ニ候得者、船傷等有之、甚及遅延候、然者両三日中当港出帆為致可申候」と書き送り、昇平丸の位置付けの重要性に対する認識を示している(諸官省往復留 道文一四二)。特に前述のような全国的・全道的米不足の状態下では、昇平丸は、島判官が石狩で行おうとした事業にとって重要な存在であった。