札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第九章 村の形成と幕末のサッポロ

第一節 ハッサム村

四 コトニその他

 万延元年ころに、早山はこの地を仁三郎(池田)にゆずってシノロの地に移った。同開発場は箱館に移った中川金之助(文久二年移転と伝えられる)がそのまま管理していたが、慶応三年に、前年大友亀太郎が担当者となって開墾の始まった御手作場に繰り入れとなった。翌明治元年にはさらに与惣次(渡辺)が入地したが、同年における反別は、「荷(ママ)三郎」が田二反四畝歩、畑九反六畝歩、与惣次が畑五反歩となっている。
 なお、同年における二人の人別等はつぎのとおりである。(石狩御手作場農夫家数人別取調書上帳 慶応四年六月 大友文書)。これによれば、仁三郎は米の扶助はすでに受けなくなっていたようである。
  「(朱書)なし」コトニ川 
 家内三人    荷三郎
 [慶応三丁卯年より御手
 作場
人数ニ組込ニ相成
 候家内一同御手当なし]
本人当辰四十六歳
  同  きよ
 同 三十六歳
  同  竹松
 同 六歳
 家内四人 「(朱書)弐升四合 六合」  与惣次
  慶応四戊辰六月入本人当辰四十五歳
  同  かミ
 同 三十三歳
  同  与惣吉
 同 五歳
  同  正助
   四十歳

 このほか、開拓使開墾掛による明治四年の人別調には、「在来」と記された家が、右のほか四戸ある。「在来」とは、おそらく開拓使の移住行政開始以前に入居したものと考えられる。この四戸の明治四年における戸主名および家族数( )内は、今井三次郎(一人)、森田亀吉(三人)、中山冨蔵(四人)、木村勘右衛門(三人)となっている。