札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第七章 在住制とイシカリ在住

第一節 在住制の成立と展開

三 在住制に対する疑義

 このような経過もあったが、在住制はそのまま実施に移された。ただ問題となった在住頭取等については、安政四年五月にムロラン在住高橋三平新家鉄作イシカリ在住酒井和三郎が頭取に、イシカリ在住中嶋彦左衛門が世話役にそれぞれ任命された。また陪臣の在住任命に関しては、安政三年三月に、主立った者については、その藩の意志を確認して行うよう箱館奉行から関係先へ達せられた(南部藩 松前箱館雑記 一九)。