札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第六章 アイヌ社会とコタンの変貌

第三節 コタンとアイヌの人々

二 ハッサムとコモンタ

 ハッサムは安政三年人別帳には、五軒二一人とあるが、実際には四軒であった。すなわち、(1)乙名コモンタ、(2)小使リカンクル、(3)土産取イワウクテ、(4)ハシユイカニの四軒であった。(2)はマシケ、(4)はイチヤンの出身で五、六年前より病気でにも行けず難渋していた。(3)は土産取といっても、わずか八歳の子供で、弟に五歳のイサンケアレがいた。この兄弟は、支配人円吉とイヌイシヤヌの子で、母はすでに死亡していた。円吉はこの兄弟をかわいがり、たまにハッサムに来ては添い寝をし、着物・食物も和人同様にしていた。土産取にしたのも、円吉のはからいであったろう。円吉はその後、モンベツ場所に移り慶応二年に『蝦夷記』をあらわしている。この幼い二人の面倒は、アイトンケとバロイレキがみたが、バロイレキは糸巻が上手なために浜へ下げられた。アイトンケは、モニヲマの義兄アイクシケのことである。安政三年の人別帳では、シノロに編入されている。イワウクテは周囲の人々の世話をうけ、その後無事に成長をとげ、慶応元年人別帳には小使となっている。イワウクテの家族の人別帳をみると、次のとおりである(①安政三年、②慶応元年)。
 
 イワウクテ (8) イソウクテ (17)
弟イサンケアレ (5)祖母ウナカレ (60)
僕シユツタ(フヌ) (38)伯母ヲミンタカレ (35)
女ヲシンタカレ (25)悴タミチヨ(改名エンキヒ) (8)

 ①の僕シユツタはすでに死亡しており、女ヲシンタカレは番人の妾とされ、帰宅も許されていなかった。その後、番人アイヌ女性を妾とすることが禁止されたので、タミチヨを連れて戻ったのであろう。