札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第五章 サッポロ越新道

第四節 イシカリの交通

一 交通路と運上屋・本陣

 以上の主要系路の他に、札幌市域では、ハッサムより御手作場にむかうシャクシコトニ道御手作場からシノロへいたる道、大友堀にそいサッポロ越新道にいたる道などが、御手作場の設置にともない大友亀太郎により慶応二年(一八六六)以降つくられた。また計画道では、前述したアブタからサッポロを経、テシオにむかう蝦夷地の縦断道があり、さらにツイシカリからウリウ(雨竜)を経、ルルモツヘ(留萌)へむかうルルモツヘ越もあった。しかし、いずれも本格的な着手にいたらず、明治をまつことになる。