札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第五章 サッポロ越新道

第二節 新道と通行屋・小休所

五 ハッサム小休所とハッサム川

 銭箱・トヨヒラ間は歩くと一日行程で、その中間にあたるハッサム(ベツカウスとも呼ばれた)には、小休所(御昼所)が設置された。イシカリ改革の折、恵比須屋(岡田)半兵衛に、「其方義セニハコよりトヨヒラへ之山道昼所手前へ小休所取建、幷サンタラヘツ辺へ見世相開在住之向日用諸品仕入置無差支様売上致へし」と、申渡されている。ここでいわれている「小休所」は、ハッサムの小休所のことである。すでにこれ以前に粗末な「昼所」が建てられていたが、この手前に新たな「小休所」を建設する予定をたてたのであろう。