札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第四章 イシカリ改革

第二節 改革の新仕法

二 諸産業の振興

 かつてイシカリ場所で盛行した木材搬出を安政期にみることはできない。しかし、請負人は場所内で必要な資材をサッポロ山(現藻岩山一帯か)、ハッサム山(現手稲山か)、ヌフル山(野幌、現市東部から広島町)、シュップ山(現厚田村)等で小規模ながら伐採し、冬に雪車(そり)で川岸まで運び、夏をまって水流を使いイシカリ浜へ流送した。
 安政三年七月、箱館奉行所伐木制限を打ち出し、イシカリ役所の許可なしに木を切るのを禁じた。改革により、この方針をさらに強化、あわせて止山の制を施いた。すなわち、サッポロ等六カ所で榀(しな)を、またサッポロ等四カ所で椛(白樺)を、さらに桑、朴(ほう)、槐(えんじゅ)、水松(おんこ)の伐木を全域で禁じ(アイヌをのぞく)、万延元年対象地域と樹種を広げた。伐木統制とともに苗木の移植をはかり、野火注意を呼びかけるなど、水源涵養、アイヌ授産、将来の殖産に備えたのである。

写真-6 イシカリの木材利用を提言した上申書と、
その筆者林弥六(佐倉藩士)の署名

 イシカリ場所の住人で木材を必要とする時は、役所に願い出て鑑札を受け、伐木後に役銭を納めた。許される用途は、住居や蔵の建築と造船や船道具の製作が主で、燃料用の炭や薪としての需要も多く、船囲い資材、網引場の建物、川普請、架橋等である。万延元年の大火を機にイシカリの町内では建物の草葺を認めず、柾屋根、板、土壁を奨励し、そのための伐木が多くなった。産出地は星置から手稲、発寒にかけての山中で、マクンベツ、トウヤウシ、ヤウスバシップ、ホロムイ等でも伐り出した。大量の伐採はイシカリ役所の権限外で、箱館に伺うこととされたが、そうした願い出はなかったようで、むしろ特殊な材質や多量の木材は、もっぱら移入に頼ったのである。
 めずらしい産物として紫根がある。荒井金助は袴のすそに鹿皮をぬいつけ、自ら紫根で染めて常用したと伝えられるが、佐渡から来てハッサムに永住した第次郎は〝紫根掘渡世〟を自称した。おそらく野生種を集めたのだろうが、これだけで生計を立てえたとは思えない。ただ、採集物は箱館の産物会所が全て買い上げたので、確実な現金収入源ではあったが、自由な売買は許されなかった。