札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第三章 諸藩のイシカリ調査

第二節 諸藩の関心

二 佐賀藩

 与七郎がスッツから戻る折、武四郎は両人へ書状を送っている(燼心餘赤)。それによると、佐賀藩蝦夷地の開拓方針としては、まず藩内の産物である陶器・蠟燭(ろうそく)・麵(めん)類・鬢附(びんづけ)・紙・煙草(たばこ)を箱館に廻送し、これらの販売金をもとに開拓資金をつくり、また一方では市中商人や蝦夷地の請負人へ貸し付け、利殖の増大をはかることを提言している。さらに、蝦夷地の中ではクスリ(釧路)が、最も開墾地として有望なことを推奨している。