札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第二章 幕府のイシカリ調査

第三節 箱館奉行と松浦武四郎の調査

三 松浦武四郎のサッポロ調査

 第二回目は安政三年(一八五六)で、この踏査行は『竹四郎廻浦日記』に記されている。第一回目より一〇年後である。五月六日オタルナイより海岸伝いに陸路イシカリに着す。
 〈イシカリ〉嘉永四年(一八五一)七月の長雨で出水し、イシカリの建物等すべて流され、運上屋勤番所等は浜手に移動して昨年ようやく普請が完成した。元小屋と呼ばれる運上屋(梁八間半、桁二七間半)、勤番所(梁六間半、桁一二間)のほか、武器蔵(梁一間半、桁七間)・備物蔵・秋味帳場各一棟、板蔵二〇棟、茅蔵一二棟、テフキ(手葺の蔵か)二棟、ユウフツより出稼小屋一棟(梁七間、桁一五間)、板蔵七棟、蝦夷小屋(六〇坪)、神社、弁天社、稲荷大明神(妙亀法鮫を合祀)、龍神社等々、すべて見事な普請である。このイシカリ勤番所には、箱館奉行所調役並、下役、医師、同心、足軽の各一人の計五人の幕吏が勤番している。イシカリ場所にいま属するアイヌの人たちは一六五戸、人別六七〇人(男三二五、女三四五)、文政期引渡しの時(一八二一)は三三二戸、一一五八人(男五九二、女五六六)であったという。
 五月八日、隊長の箱館奉行所支配組頭向山源大夫、手付松浦武四郎イシカリ詰合下役立石元三郎イシカリ番人の甚左衛門、それに案内のアイヌ八人、総勢一二人をもってイシカリを出立し石狩川を遡上した。
 〈ハッサム〉ハッサム川の注ぎ口、幅およそ七間、遅流で深い。この川はイシカリ十三場所の一つで昔は番屋があり、その運上金四〇両、別段一〇両、差荷物代金四両であった由。この川筋に夷人小屋あり、乙名イソウクテ、小使コモンタが支配する。聞書によってこの川筋を記しておくと、川上二里一〇丁余のポンハッサムプトで二股となり、左がポンハッサム川、右の本川をたどるとチラエウツなどの諸川が右手より注ぎ、オタルナイの上に当たり、きわめてよろしき平地という。
 〈サッポロプト〉サッポロ川、今称するフシコサッポロ川の注ぎ口でサッポロの入口、川幅九間で深い。小休所一棟あり。この川筋も夷人小屋が多い由で、乙名モニヲマ小使シリコフツネが支配する。運上金は金四六両、別段金二両二分、上乗差荷物代金四両。上サッポロはその運上金三六両永五〇文、乙名クウチンコロ、小使モリキツが支配する。このフシコサッポロ川の川筋を聞くに、川口より一里半ほどで二股、左をナイボ川と呼び、夷人多く乙名ニシトンレ、小使ケセオマが支配する由。源はツイシカリ川筋と並び来るという。右手の本川をシノロ川という。秋味場所があり、運上金三八両一分、別段上乗荷物代金一両で、乙名イレレシユ、小使イシヨランが支配する由。シノロ川をさらに七、八里上ると屈曲婉転して小川が左右に多く、左の方にシャクシコトニ、ノシケコトニ、コトニの川が並び、また本川の右の方にチケウシベツ川があり、これら四川ともその源に沼がある由。この辺は平地でシコツ岳に近く、また東蝦夷地ウス領へ越えるという。
 〈ビトイ〉昼所一棟(梁五間、桁三間)、漁小屋ならびにユウフツ出稼小屋あり。
 〈ツイシカリプト〉ツイシカリ川(旧サッポロ川、後の豊平川)の川口で川幅およそ七間、遅流で深い。川口の手前に番屋一棟(梁五間、桁一三間半)、板蔵五棟、茅蔵二棟、夷人小屋一棟、ユウフツ出稼漁小屋一、板蔵一、茅蔵一棟ずつ、ならびに弁天社、稲荷社がある。この後ろに夷人小屋七、八軒、当時乙名ルヒヤンケ、小使イカレトメト(イカレキナ)が支配する。この番屋の運上金は金三七両、別段差荷物代金三両二分。この川筋を聞くと、一里余川上に沼様のタウシナイがありエベツプトに近いという。さらに上りホロナイ、スルフの両川を経て二股があり、右が本川、左はアシュシペツで水源はシママップの後ろにあるという。本川を少し上ると上ツイシカリで、番屋一棟(梁三間、桁五間)、板蔵一棟がある。この運上金五五両、別段差荷物代金一〇両の由。夷人小屋多くあり乙名イクシノカアイノ、小使イハンケが支配するという。これより先は一路サッポロ岳に至り、その辺に温泉あり、さらにウス領に越えるという。
 翌九日、一行はツイシカリを発し、シノツ、エベツプトを経て石狩川をさらにさかのぼり、雨竜川に転じてルルモッペへ抜けている。