札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第二章 幕府のイシカリ調査

第一節 安政元年の調査

二 堀、村垣の調査団

 調査団がイシカリに検分御用として到着するのは、目付グループ本隊が五月二十日、勘定方グループ本隊は二十三日であるが、これの幕府への速報はソウヤから両者連署で差し出される。『蝦夷地為御用、松前より西蝦夷地宗谷迄迴浦仕候行程荒増申上候書付』がそれで、経過した地名に一、二行の簡単な説明が加えられている。ただ経過地の速報であるから所感や意見は勿論、日付けもない。イシカリについては、オタルナイより船路七里余とし、
イシカリ  運上家幷勤番所、蝦夷家有之。フルヒラより弐拾壱里半余
イシカリ川 五六町川路を下り、海岸草生の場所出離、海岸随ひ、一里余にて
シユウツ  [イシカリアツタ]境

と報じている。
 カラフトからの帰途、東蝦夷地ユウフツを通過した速報(『西地宗谷よりシヤリ松前迄里程申上書』、また『堀村垣回浦上申記』ともいう)には、「是より、西イシカリ越道有。右会所前川よりヒヽと申所迄、船陸とも通路有之。夫よりチトセ越まて陸弐里にて、ヲサツ村と申所へ船陸とも弐里程。此所より船路イシカリ境迄、シユマヽフともふす処え四里、都合凡拾六里程にてイシカリ川へ出る。一円平地砂地の野原」と述べられ、形式的な報告ではあるが、両グループによるイシカリ検分のなされたことが幕府に報告された。