札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第四編 イシカリの改革とサッポロ

第一章 イシカリ役所とサッポロ

第三節 イシカリ改革とイシカリ役所

三 イシカリ役所と機構

 イシカリ改革直捌制が実施されると、漁獲物の検査・収納、アイヌの「撫育」、各地域の取締りの目的で、役人が駐在する番所が設置された。
 安政五年十一月に、番家一五棟(各一五坪)の新設が申請され(市史六七頁)、ここに同心・足軽・勤番人が詰めることになり、イシカリに一五カ番所を設置することが予定された。
 番所の前身となったのは阿部屋の番家で、安政二年二月の段階ではツイシカリ・ハッサム・サッポロ・オソウシ・コトニ・ユウバリ・チュクヘツブトの七カ所に存した(市史二一頁)。特にツイシカリの番家はイシカリ・イザリブト(漁太)間の中継地で休泊所をかね、桁間一七間半、梁間五間半の大きなものであった。またここには、板蔵・茅蔵が七軒あった。ただし、番家の建物は、安政四年三月に焼失している(松浦武四郎 丁巳日誌)。
 番所はこれらの建物の位置を一部ひきつぐと同時に、番所の数をふやし、広範囲な支配の実効をはかるものであった。いまのところ、マクンヘツ・トクヒタホリカモイワッカオイ・ヒトエ・ツイシカリ・上トウヤウシ・上川チクヘツ・中川トツク・ユウバリ・サッポロ・ハッサムなど一一カ所の番所名を、史料からひろうことができる。
 安政五年十一月の「石狩場所改革方取計之義申上候書付」(市史六七頁)によると、たとえばトクヒタワッカオイ番所では、船改の儀をおこなうこととされ、サッポロ番所は漁時限りに、ハッサム・ツイシカリ・上トウヤウシは詰切りにし、近隣の漁場の取締りもおこなうとされている。また、アイヌの「撫育」のために、特に上川チクヘツ(同心、中西清三)、中川トツク(勤番人)、ユウバリ(同心、広田八十五郎)、サッポロ(足軽、亀谷丑太郎)を新設し、十一月から三月まで駐在することになっている。アイヌの人別帳は、以上の四番所ごとに編制されるようになった。これらは軽物交易をおこなった番屋でもあった。
 安政五年八月には、秋の鮭漁にそなえ表1のような場所割がなされている(五十嵐勝右衛門文書より作成)。これによるとまず第一に、すでにトクヒタ・ヒトエ・チイシカリ・上トウヤウシの各番所がみられ、番所の設置は早くからなされていた。一方では、ホリカモイなど番所ではなく、在住派遣の「御掛」の所もあり、これ以降、番所が新設・拡充されていった。第二に、番所には同心・足軽、「御掛」には在住が担当となっており、番所イシカリ役所の出先機関としての位置付けがなされている。また番所への同心・足軽の派遣は、先の十一月の「書付」の構想が、すでに着手されていたことも判明する。第三に、在住を役人の補助として大幅に利用していることである。十一月の「書付」にも、「漁業中役人・勤番人共不足ニ付、在住次三男幷家来等」といわれているが、在住の次三男ではなく、在住自身が利用されている。役人の不足を在住で補うのは、この他にも多くみられ、ここにイシカリ在住の特異性があった。
表-1 役人の場所(番所)割
場所氏名身分
ホリカモイ御掛金子八十八郎在住
永島玄造在住
ワッカヲイ御掛中村兼太郎在住
天野伝左衛門在住
トクヒタ番所中西清三同心
木村源次郎同心
ヒトエ御番所広田八十五郎同心
有田精治郎同心
チイシカリ御番所桐谷多兵衛足軽
上トウヤウシ御番所武川勇治郎足軽
本陣テツキ西村清八郎足軽
〓 同信沢順之丞足軽

 万延元年(一八六〇)八月の永住出稼一同への申渡請書によると、イシカリ川を下りオタルナイ・アツタに向かう磯船・保津船は、ホリカモイ番所へ届けること、マクンヘツ・ワッカオイホリカモイ番所で改めをすることなどが述べられている。番所の役割は、ここでは収納高の改めと切手の発行、抜荷の防止など、イシカリ役所の財政と流通にかかわる根幹の役割がみられる。
 このように番所が増設され、その役割が重大なことが、同心・足軽の増員の要因ともなっていた。同心・足軽は、それぞれ管轄・担当の番所があった。安政五年八月二十一日に、シビシビシのテリヤンケが、マクンベツ番所前にて溺死する事件があったが、この番所の管轄は同心の中西清三木村源次郎で、死体を発見次第、届けるよう布達を出している(市史一三二頁)。