札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第三編 イシカリ場所の成立

第八章 松前藩の復領とイシカリ場所

第一節 復領後の藩政とイシカリ場所

二 復領下のイシカリ場所経営

 イシカリ場所は、産物のうちもっとも比重をしめたのが、であったが、このほか魚類では、鱒、ヒラメ、チョウザメ、アブラコ、ホッケ、カスベなどが主要産物であった。弘化三年(一八四六)にイシカリを訪れた松浦武四郎によれば、このほかにイトウがとれ、これは毒魚で大なるは八、九尺にもなり、このイシカリ川のみに多くいるとある。また、椎茸、軽物三品(狐、獺(かわうそ)、鼬(いたち))もとれ、狐は七〇〇~八〇〇枚、獺は二〇〇枚ばかり、鼬は一〇〇〇枚で、ユウフツ領よりイシカリへ送られてくる軽物と合わせるとおよそ二〇〇〇枚にのぼったという。このほかに矢羽、熊の皮などもとれたらしい(再航蝦夷日誌)。
 これら軽物の値段は、イシカリ場所の請負人阿部屋が文政五年(一八二二)、定式値段を定めている。表5がそれである。代銭として、米、煙草、酒で支払われたが、天保十二年(一八四一)よりは軽物出産奨励として「褒美」が下された。たとえば、穴熊胆二〇匁以上の場合、代銭のほか「蝦夷俵」(アイヌ向けに作られた八升入りの米。寛政頃、輸送の関係で小俵にしたとされる)三俵ずつ、七匁以上は同一俵、リヤフは半俵、狐、貉(むじな)、貂(てん)等の小皮類については、一〇枚以上の場合同一俵、獺皮は一枚につき煙草二~半把、鷲尾一尻につき煙草二把ずつという具合であった(村山家資料 道開)。
表-5 文政5年改軽物定式値段
軽物米・煙草・酒代銭
粕尾母衣上々米3升 煙草2把 酒2升590文
     上 3升   1把・ 1升500
     中 2升   2把・0.5升420
     下2.5升   1把・0.5升360
白尾母衣2.5升   1把265
飼鳥   上野鳥中に同
     中野鳥下に同
     下白尾に同
穴熊胆皮共上1匁に付煙草1把、米5合125
     中 〃  酒5合100
     下 〃  煙草1把90
野熊胆皮共上 〃  酒5合100
     中 〃  米1升70
     下 〃  酒2.5合50
飼熊胆皮共米1升5合、煙草1把
但胆1個に付米5合
獺皮  極上米1升、煙草3把340
     上米5合、煙草2把215
     中米1升、煙草1把160
     下煙草1把90
狐皮   上煙草1把、米5合125
     中煙草1把90
     下米1升70
貉皮   上煙草1把90
     中米1升70
     下米5合35
𤝓皮   米5合35
『文政五午年御軽物類直段定帳』(村山家資料 新札幌市史 第六巻)より作成。

 軽物以外に、材木もあった。伐出場所は、サッポロ山、ハッシャフ山、ヌフル山、シュップ山のほかイシカリ川上流の上川・中川の山からも伐り出していた。主に椴材、雑木の類で、冬期に雪車(ソリ)で川の側まで運搬しておき、夏期に川に流してイシカリ元小家(運上屋)まで運び、家作や船の材料に用いた(同書)。