札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

付章二 先史文化人の形質

第四節 道央・道東北部の古人骨

 道央・道東北地方の続縄文時代の人骨は、宗谷のオンコロマナイ貝塚と江別の坊主山遺跡からの出土が知られている。そのほか、最近、常呂町栄浦第一遺跡から保存の良い人骨が発見された。この三遺跡の人骨群を詳しく研究した山口敏は、「道央・道東北部の続縄文時代人は、同時代の道南の続縄文時代人にもっとも近く、ついで近世アイヌに、そしてモヨロ貝塚人もっとも遠い」、「アイヌの中では道南のアイヌよりは道央以東のアイヌに近い」、「本州縄文時代人はアイヌよりさらに離れているが、モヨロ貝塚人との距離ほど遠くはない」という結果を得て、「これらの距離関係は、北海道固有集団の、少なくとも続縄文時代以降における、時代的連続性を示唆しているように思われる」と結論している。