札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

付章二 先史文化人の形質

第一節 日本の形質人類学

 明治十年(一八七七)、アメリカの動物学者エドワード・モースによって行われた大森貝塚の発掘調査によって、日本の科学的な人類学の幕が開かれた。彼の研究の目的の一つは日本石器時代人の人種論であったが、シーボルト父子の日本先住民=アイヌ説に対して、モース非アイヌ説、すなわちプレ・アイヌ説を唱えた。