札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第五章 擦文時代

第三節 遺構

 擦文時代の住居は、縄文・続縄文時代の住居に比べ規格性が高い点で特記できる。その最大の特徴は、つくりつけのかまどがあることである。平面形は隅丸の方形を基調とし、四隅に四本の柱穴があるのが一般的である。なお、住居中央に炉(焼土)がある例も多い。一辺の大きさは、おおまかに三~四メートルの例、四~七メートルの例、七~一〇メートル以上の例の三グループに分けられる。