札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第四章 続縄文時代

第三節 遺構

市内の竪穴住居

 長径五・一メートル、短径五メートル、深さ一五センチメートルの規模で、ほぼ円形プランを呈している。床面中央にはやはり石囲い炉が設置されており、壁の周囲には約五〇センチメートル間隔で径一〇センチメートルほどの柱穴がめぐっている。第二号竪穴住居跡と同様に、床面から土器・石器が非常に多く得られた。