札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第四章 続縄文時代

第二節 遺跡の分布

月寒台地の遺跡

 昭和六十二年度に、中学校建設に伴い発掘調査した。月寒川ラウネナイ川が合流する地点に立地し、標高三五~四二メートルの段丘上にある。
 土壙墓が六五個発見されており、その内の半数は続縄文時代の土壙墓と考えられる。いずれも径六〇センチメートル~一メートルの規模で、円形プランを呈している。