札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第四章 続縄文時代

第二節 遺跡の分布

野幌丘陵の遺跡

 八〇〇個におよぶ土壙墓が検出されており、八割は続縄文時代に属すると推定されている。土壙墓の中に土器・石器を副葬品として、埋葬したものは非常に少なくほとんどは何もない状態か、比較的大型の河原石を数個から数十個壙底面に配置する例が多いことが特徴として指摘される。