札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第三章 縄文時代

第三節 後期

一 遺跡の分布

白石区の遺跡

 後期の遺構はまったく発見されなかったが、後期全般の土器が出土し、なかでも中葉に属するものが最も多い。
 この遺跡は、大正年間の河野常吉のノートによれば、石柱の立っている遺跡と記されている場所に近いと思われる。石柱の見られる遺跡とは、環状土籬、周堤墓などと呼ばれる後葉の集団墓に見られる形態のものであり、本遺跡の周辺にもそのような遺跡が存在したのかもしれない。現在は、そのほとんどが消滅しており、確認することができない。