札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第三章 縄文時代

第二節 中期

一 遺跡の分布

野幌・月寒丘陵

 これらの遺跡は、S二六七・二六八遺跡の北側に隣接して、同一丘陵上に存在するものである。S二六五遺跡からは、縄文中期の竪穴住居跡三軒と溝状遺構一〇個、そして縄文中期ないし晩期末~続縄文期初頭などの土壙が一六個みつかっている。S二六三・二六二遺跡からは溝状遺構一二個、S二六九遺跡からは溝状遺構二個が検出されている。