札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第三章 縄文時代

第二節 中期

一 遺跡の分布

野幌・月寒丘陵

 白石神社の旧境内にあった遺跡で、現在は道々西野―白石線が走っている。標高二二~二三メートルの月寒川にそった南向きの台地上に遺跡は営まれ、遺跡の中心には湧水がある。発掘調査の結果、続縄文時代の土壙二個、縄文中期の竪穴住居跡二軒とともに縄文中期から晩期、続縄文後期などの土器と同時期の石器群が数多く検出されている。