札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第三章 縄文時代

第一節 早期・前期

一 遺跡の分布

遺跡の立地

 手稲山の南東を流れる発寒川は、小規模ながら豊平川と同様の扇状地を作り出している。その成立は、豊平川のそれより古く安定し豊平川扇状地(いわゆる札幌面)にはない縄文時代前期の遺跡が六カ所程確認されている。発寒川の支流である中の川の流域が主体となる。