札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第二章 旧石器時代

第一節 北海道の旧石器文化

 札幌から苫小牧にかけての石狩低地帯およびその周辺部には人類が残した遺跡が数多く分布している。その中で、最も古い資料は千歳市祝梅下層遺跡(しゅくばいかそういせき)(三角山地点)、苫小牧市美沢一遺跡から出土した約二万年~一万八〇〇〇年前の後期旧石器時代の石器群である。北海道内で最古の石器群も、上士幌町嶋木遺跡(しまきいせき)に代表される約二万年前の資料で、これらの石器群は剝片生産において石刃技法(せきじんぎほう)は存在せず、切出(きりだし)ないし祖形のナイフ形石器とか斧状石器(打製石斧(せきふ))を伴うものである。