札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第一章 北海道の先史文化

第六節 オホーツク文化

 オホーツク文化とは、六~七世紀頃に、樺太の南部で成立し、北海道のオホーツク海沿岸部に渡来した外来の文化である。オホーツク人は、海に積極的に適応した漁撈・狩猟・採集民でイヌ・ブタを飼育していた。
 オホーツク文化の特徴となるオホーツク式土器は、低温で焼かれるため暗黒色を呈した壺、甕などの単純な形態をもつ。その古い段階は、鈴谷式や十和田式とよばれる土器である。鈴谷式にみられる撚糸圧痕文などは、続縄文土器にみられる縄線文と関連するものであろう。続く江ノ浦式にみられる肥厚帯土の刻み目文などを介在して、刻文や粘土紐を貼付した浮文をもつ本格的なオホーツク式土器が成立する(写真22)。
この図版・写真等は、著作権の保護期間中であるか、
著作権の確認が済んでいないため掲載しておりません。
 
写真-22 オホーツク式土器(網走市モヨロ貝塚)

 石器としては、石鏃が使用されるが、他に定形的な石器は少なく、鉄製の直刀や刀子、斧、青銅製の鈴や銙帯金具(こたいかなぐ)など鉄、青銅、錫などの金属製品が多く、これらのなかには、樺太を経由して、黒竜江流域からもたらされたものも多い。