札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第二編 先史の札幌

第一章 北海道の先史文化

第三節 縄文時代の文化

三 前期の文化

 縄文時代の早期後半に全道一円にひろがった平底の絡条体圧痕文・組紐圧痕文土器群につづいて、北海道南西部は、対岸の東北地方北部からの流れをくむ胎土に繊維を含んだ縄文尖底土器の文化圏にうつりかわる。縄文尖底土器は、土器の全面を縄文や撚糸文、ときには竹管文で飾った縄文土器の名にふさわしい土器で、函館市春日町遺跡で出土した春日町式土器や、椴法華村で出土したトドホッケ式土器などがある。噴火湾沿岸から道央部、道東部にかけては、道南西部の縄文尖底土器のバリエーションである静内町中野遺跡を標式とする中野式土器、栗沢町加茂川遺跡を標式とする加茂川式土器、名寄市日進遺跡を標式とする日進式土器、網走市大曲洞窟遺跡から出土した土器を標式とする綱文式土器などである。
 中野式土器は、砲弾形を呈する尖底土器で、文様は荒い斜行縄文が主体となる。胎土は厚く、多量の繊維や撚糸を混入する特徴がある(写真4)。加茂川式も中野式に似るが、文様は撚糸状にみえる文様が主体で、器形も口径に対して背がひくい。両者は、胆振、日高、石狩低地帯に分布する。日進式も砲弾形深鉢が主で、縦にはしる縄文が特徴的であるが、胎土に撚糸はふくんでいない。日進遺跡では、中野式を包含する層の上層から出土しているので、中野式に後続するものであろう。綱文式土器は、あたかも器面にロープを巻きつけたような文様をもつ。石狩低地帯以北にひろく分布するが、その文化内容はまだよくわかっていない。

写真-4 中野式土器
(苫小牧市静川8遺跡)

 東北地方北部から渡島半島において、縄文時代の前・中期を代表する文化が円筒土器文化である。円筒土器は、その名のとおり、筒形をしており、縄を多用した文様が特徴である。円筒土器は、青森県八戸市是川一王寺貝塚の発掘によって設定され、貝塚の上層と下層の土器に差のあるところから下層の土器をa・b・c・d式に、上層の土器をa・b式に細分し型式設定された。
 北海道の円筒土器の分布状況をみると、道南西部においては、縄文尖底土器群のあとを受けて、まず円筒下層式の初期の段階の土器群が渡島半島の南部に出現し、その後次第に北上して、円筒下層式の後半には噴火湾(写真5)にいたり、一部は札幌付近まで到達する。円筒上層式の時期には、石狩低地帯のほぼ全域が分布圏となる。

写真-5 円筒下層c式土器
(森町森川A遺跡)