札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第一編 札幌の自然史

第二章 山地の生いたち

第二節 グリーンタフ変動とその産物

 藤野の南側に三角形の尖った山がある。いちばん手前の藤野スキー場になっている山は、かつて、冬季オリンピックのリュージュ競技の会場となったところであり、この山の奥に採石場のみえる山が焼山と呼ばれている。また、この二つの山の左手にも同じような形をした山がある。これら三山は、含角閃石普通輝石紫蘇輝石安山岩の溶岩で形成されたものと考えられている。しかし、これら三山の地形は、溶岩がつくる地形とはかなり異なっているので、この安山岩は、三角山と同じように、岩脈の可能性もある。