札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第一編 札幌の自然史

第二章 山地の生いたち

第二節 グリーンタフ変動とその産物

 鮮新世末か更新世初期に、西野層を貫いた安山岩の岩脈が核となり、文字通り三角形の山となっている。かつて、この安山岩が採石され、その跡地は、いまでも大きな岩壁となっており、自然破壊のすさまじさをみせつけている。頂上には測量の基準点となる三角点が設置されている。