札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第一編 札幌の自然史

第一章 地形の特性

第四節 北部の平野

 海岸から約六キロメートル内陸に、海岸線にほぼ並行して発達する砂丘である。南西端は西区手稲前田の新川中央橋付近で、そこから北東に細長く延び、北区の茨戸付近で茨戸川(旧石狩川)を越え、約一キロメートルずれて石狩町生振地区からさらに石狩川を渡って石狩町美登位地区まで分布している。標高は最高一八・五メートルで、幅は〇・五~一キロメートルである。この砂丘は詳細にみると、砂丘の延長方向(南西―北東)に対して、ほぼ直交する長軸をもった多くの羊背状の、まれに馬蹄形の小砂丘が接合して並んでいるもので、縦列砂丘の形態を示している。