札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第一編 札幌の自然史

第一章 地形の特性

第四節 北部の平野

 石狩湾を望む平野の前縁部をなし、小樽市銭函海岸から東北に向かって約二〇キロメートル、石狩川河口まで細長く続いている。高さは最高一〇メートル内外で、幅は二〇〇~三〇〇メートルである。場所によっては三~四列の起伏がみられる。この場合は最前列のものがいちばん高くなっている。砂丘の前面には、汀線まで五〇~一〇〇メートルの幅で海浜が形成されている。石狩海水浴場はこの砂丘列の北東端に位置しているのである。