札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第一編 札幌の自然史

第一章 地形の特性

第三節 扇状地と河岸段丘

 西区の平和の滝付近(標高一八〇メートル)および盤の沢出口付近(同一六〇メートル)を扇頂点とする発寒川扇状地は、北東に向かって広がり西野・手稲東・発寒・山の手・琴似などを経てJR函館本線付近(同一五~一八メートル)で地下に潜伏している。傾斜は札幌扇状地よりも急で、現在でも西野付近を歩くとかなりの登り坂を意識するほどである。形成時期は円山扇状地とほぼ同時期と考えられる。