札幌市中央図書館/新札幌市史デジタルアーカイブ

新札幌市史 第1巻 通史1

第一編 札幌の自然史

第一章 地形の特性

第二節 東部の丘陵地と台地

 西岡台地月寒台地清田台地の南方には、標高二五〇~二〇〇メートルの、ほとんど支笏軽石流堆積物からなる丘陵地が恵庭市との境界まで続く。つまり焼山―白旗山山塊の背後にある丘陵地で、駒岡地区・自衛隊月寒演習場・滝野自然公園などが位置するところである。この丘陵地は、厚別川山部川月寒川真駒内川などにより複雑に浸食され、稜線部は定高性を示しているが、平坦面は狭長である。