湖南市/湖南市デジタルアーカイブ

新修石部町史 通史篇
目次

[前付]

[口絵]

発刊のことば

目次

凡例

一 石部の自然環境

恵まれた自然と交通環境

石部の位置

景観の特徴

水系の特徴

地質と地形の生いたち

山地をつくる岩石

山地地形の特徴

古琵琶湖層からなる丘陵

沖積平野

気候と気象

滋賀県の気候

温和な石部付近の気候

二 古代の石部

第一章 古墳の世紀

第一節 古墳と首長

古墳文化以前

縄文文化

弥生文化

古墳文化の成立

野洲川流域の古墳と首長

宮の森古墳

出土の埴輪

宮の森古墳の意義

古墳文化の展開

横穴式石室の出現と群集墳

六反古墳群

第二節 伝承と信仰の世界

周辺の山々と神々

信楽・田上山地

阿星山・雨山

第二章 奈良時代の石部

第一節 地方制度の確立

律令体制の整備

公地公民制

近江国と律令税制

律令制下の甲賀郡

甲賀郡の四郷

甲賀郡の郡衙と豪族

律令政治の展開

彷徨する宮都

仲麻呂の乱

第二節 交通路と条里

古代東海道の変遷

甲賀郡を走る大動脈

倉歴道

石部町域の条里型地割

地籍図にみる条里型地割

史料にみる呼称

古代東海道のルートと条里の諸問題

ルートをめぐる諸説

条里地割に一致するルート

第三節 古社と阿星山寺

式内社と山岳寺院

律令制の祭祀

石部鹿塩上神社

阿星山寺

第三章 平安時代の石部

第一節 荘園の成立

律令制の変容

班田制の廃絶

国司制の変容

摂関家領檜物荘

檜物荘の貢納物

檜物荘の寄人

檜物荘の伝領経過

第二節 伊勢路と石部駅館

阿須波新道の開設

近江の新道

新道の整備

斎王群行と伊勢勅使の派遣

斎王群行

伊勢勅使

石部駅家

石部の宿的機能の初出

石部駅家をめぐる課題

第三節 社寺の造営

神社の創建

神々の祭祀

吉姫神社

吉御子神社

川崎神社

三聖神社

白山神社

長寿寺・常楽寺の興起

金粛、良弁開創の伝承

長寿寺の開創伝承

阿星寺観音の飛来と霊瑞

常楽寺の千手観音菩薩坐像

行胤の常楽寺造営

遮那・止観の道場

第四節 仏教文化と神道美術

浄土教の盛行と造仏

古仏の多い両寺

信仰・造像・結縁

定朝様の仏像

定朝様式の成立

長寿寺の諸尊

常楽寺の釈迦如来像

そのほかの平安仏

神像彫刻と金工品

吉御子神社の神像

常楽寺の金工品

三 中世の石部

第一章 鎌倉・南北朝時代の石部

第一節 守護佐々木氏の支配

源平の争乱と佐々木氏

両佐々木氏の動向

新羅源氏

東国源氏の蜂起

畿内近国の源氏

平氏政権の反撃

義仲入京と新羅源氏の動向

近江守護佐々木氏の成立

平氏追討と諸国源氏の再編

佐々木氏の近江帰還

山門と佐々木氏

承久の乱と佐々木氏

佐々木氏庶子家の分立

六角氏と京極氏

鎌倉時代の石部

第二節 南北朝時代の争乱と石部

南北朝の争乱の展開

争乱の始まり

幕府方の内紛

近江国内の諸勢力

京極氏の動向

六角氏の動向

第三節 長寿寺・常楽寺の発展

長寿寺の隆盛

寺領の拡大

長寿寺本堂の建立

鎮守社・白山権現

弁天堂の建立

大般若経の修理、流出

常楽寺の興起

祈願寺として発展

二十八部衆の造像

常楽寺と金勝寺・聖護院

延文の炎上と再建

三重塔の建立

第四節 仏教芸術の興隆

鎌倉時代の仏教と美術

旧仏教中心の文化

鎌倉時代の文化財

建造物

絵画

彫刻

書蹟・工芸

南北朝時代の文化財

建造物

絵画

彫刻その他

第二章 戦国時代の石部

第一節 六角征伐と甲賀武士

応仁・文明の乱と石部

応仁・文明の乱

六角高頼の躍動

六角征伐

六角氏と甲賀武士

甲賀武士

甲賀郡中惣

石部三郷

第二節 織田信長の六角氏打倒

信長と六角氏の抗争

六角氏の消長

六角氏と織田氏

六角軍と織田軍

石部城の攻防

乱世の石部

青木氏の活動

石部家清

第三節 村落生活の諸相

杣の荘園檜物荘

中世の野洲川流域

石部の位置

条里の分布

杣の開発

檜物荘

石部三郷の成立と用水相論

野洲川流域の再開発

野洲川流域の用水相論

檜物下荘との用水相論

第四節 中世の交通と石部

中世の伊勢路

参宮の旅路

石部ヶ原

旅人参宮と伊勢講

戦国城館と石部宿の胎動

伊勢路と城館

吉川代官と家康の本陣

第五節 浄土系諸寺院の出現

真宗の発展

宮寺・蓮浄寺の改宗

日野興敬寺系統の伸長

石山本願寺合戦と明清寺

浄土宗の伸張

善隆寺と石部氏

真明寺と青木氏

第六節 文化遺産の広がり

建築と絵画

室町文化の概観

建造物

絵画

彫刻と工芸

彫刻

工芸その他

四 近世の石部

第一章 織豊時代の石部

第一節 あいつぐ領主の交替

織田信長と石部郷

信長の近江平定

石部城と佐久間信盛

豊臣秀吉と石部

秀吉の近江支配

石部の領主交替

第二節 太閤検地と石部

太閤検地と石部

太閤検地と近世村

近江検地と石部近郷

慶長七年の検地

慶長検地と検地帳

西寺村の検地帳

屋敷地と名請人

第三節 街道の整備

織豊期の交通網

統一的交通網と石部

秀吉期の沿道課役

石部宿の登場

石部の人馬継ぎ立て

石部宿の登場

第二章 江戸時代前期の石部

第一節 領主支配の確立

所領の確定とその変遷

家康の近江支配

近世前期の領主支配

藩領と天領

支配体制の確立

近世の農村支配

五人組制度

宗門改め

農民生活の規範

第二節 検地と年貢

延宝検地

検地の実施と村の成立

延宝検地の実施

東寺村の延宝検地

年貢貢納の諸相

年貢賦課のしくみ

年貢納入の実際

検見と定免

西寺村と東寺村の年貢

貢租の変遷にみる災害

村の諸相

村明細帳にみる村落

近世における人口構造

村財政

第三節 村の生活

農民と土地

農民の流出

農民生活の規制

村定と家格

鉄砲と農具

芸能興行と宿場

幕府の遊興取り締まり

石部の興行願い

相撲興行

芝居興行

第四節 林野と山論

林相と林野制度

林相と林野所有

立会林と竹林

御林山と御留山

村々立会林の山論

石部の村々立会林

太田山の立会争論

谷中山の山境争論

石部の山割

西輪院谷の山割

広野・奥山の組割

井手山の山割

第三章 石部宿の成立と展開

第一節 宿の成立とその機能

近世前期の石部宿

宿の設置

宿の成立時期

幕府の交通政策

町並みの構成

宿の機能

休泊施設の整備

本陣のはじまり

本陣での休泊

宿の支配と宿役人

継立制度の確立

情報基地宿場

第二節 宿の景観の移り変わり

東海道における石部宿

宿の規模と性格

絵図にみる町並みの変遷

石部の宿場町絵図

宿場町景観の形成

近世後期の町並み

町並みの復原

第三節 さまざまな往還

武家の往来

本陣

幕末の通行

庶民の往来

おかげ参り

旅籠屋

第四節 社寺と宿場

寺院と往還人

開帳の立札

修復と奉加場

寺院の浄瑠璃興行と売薬

旅人の病没と旅三昧

神社・勧請小社と御札降り

神社境内での花相撲

社参と宿場

火伏せの愛宕小社

伊勢神宮の御札降り

第五節 助郷の村むら

助郷役の負担とその対応

大助郷定助郷

助郷役休役と代助郷

助郷役の終焉

第四章 江戸時代後期の石部

第一節 新田開発

新田開発と石部

新田開発と石高の増加

下川四郎兵衛の開発

東寺村の起返

古道新田

石部宿の新田開発

町人請負新田

第二節 水利の展開と水論

天井川と井組・溜池の発達

自然条件

井組と溜池

一ノ井と井料米

水論

上流の村むら

谷中川をめぐる水論

第三節 天保の義民と石部宿

天保の義民

百姓一揆

一揆の背景

土地見分

一揆の企て

決起

一揆の結末

第四節 宿の負担と困窮

人馬の継立と助成

街道通行の規定

御定賃銭の割増と助成

あいつぐ災害

宿財政の破綻

宿の財政

宿の困窮

道中奉行への出訴

宿勤め半減願い

決着つきとめ申したし

減勤ようやく実現

第五節 石部の諸産業

銅の産出

採掘の始まり

生産量

石灰の生産と灰山経営

石灰の製造

灰山の借銀と運上銀

下灰山の経営権委譲

上灰山の経営

灰山経営のゆくえ

石部焼と薬種販売

石部焼

売薬と道中

薬と効能

第六節 往還と文芸

異色の往還

家康の往還

御茶壺道中

石部の文芸

芭蕉と石部

石部躑躅社中

俳人亀渕

蕉門の俳人たち

桂川連理柵

好学の人びと

華頂禅師

服部未石亭

五 近・現代の石部

第一章 近代化への動きと石部

第一節 地方行政の改革

廃藩置県と町村行政

滋賀県の成立と石部村

戸籍法の制定

区戸長制

石部の区戸長

三新法の制定

三新法の制定

府県会規則

郡区町村編制法と石部

第二節 地租改正

土地制度と税制の改革

改革の意義

壬申地券と地引絵図

地租改正法と調方心得書

改租促進への意気込み

内務省の地籍帳と地図

第三節 村の財政と政治

村政の近代化

村財政の近代化

村会の設立

松方デフレ下の村

松方デフレ

安民米制度の創設

三大寺専治の国会開設建白

自由民権運動と甲賀郡

三大寺専治の建白

第四節 生活の変化

新聞の創刊

琵琶湖新聞の創刊

風俗の矯正

風俗取締盟約

八石教会所

第五節 教育の動き

近代教育の胎動

寺子屋教育

石部学校、詳議学校の創設

小学校制度の進展

学制下の石部学校と詳議学校

第二章 近代郵便と石部

第一節 宿駅制度解体への動き

飛脚と宿駅

継飛脚と定飛脚

駅逓司の新設と歩み

駅逓司の施策

陸運会社の設立

第二節 定飛脚問屋の危機

明治初年の飛脚問屋

飛脚と特権

定飛脚問屋の変質

陸運元会社石部取扱所

第三節 東海道新式郵便の発足

新式郵便の準備

官営新式郵便

駅逓司の巡回指導

ポスト・切手・局舎

第四節 郵便創業当初の状況

創業当初のさまざまな問題

郵便御用の人たち

重立駅による取締

集配と継ぎ立て

節約の方法

第五節 近代郵便の整備

郵便の利用拡大

料金均一制・官営独占制

郵便取扱所・郵便取扱役

小島雄作郵便取扱役

小島雄作の活躍

郵便馬車の登場

施策の拡充

第三章 近代社会の発展と石部

第一節 町村制の施行

三新法の改正

連合戸長制

戸長役場の統廃合

明治地方自治制の確立

町村制の概要

町村合併と新石部村

村長と役場・村会

石部村の町制施行

第二節 産業の発展

産業と鉄道

内国勧業博覧会

擬石盤

石灰生産

石部駅の開業

第三節 新しい政治への息吹

明治後半期の政治

郡制の施行

甲賀郡への政党の浸透

石部町是の制定

地方改良運動

石部町是

井上敬之助の政治活動

井上の略歴

憲政擁護運動と井上敬之助

普選運動と井上敬之助

第四節 教育制度の整備

初等教育の確立

教育令と石部学校

小学校令と校名の改称

教育勅語と御真影の下賜

初等教育の整備

校地移転と補習女学校付設

大正期の小学校

戦時下の小学校教育

戦時色の濃い教育方針

石部国民学校

第四章 戦争と町民の生活

第一節 昭和初期の社会と生活

昭和初期の国内情勢

昭和の改元と恐慌

農村の荒廃

社会運動の展開

町民の社会と生活

人口の動態

農業の状況

勤倹規約

町内の金融機関

昭和初期の交通事情

第二節 戦時下の社会と生活

日中戦争下の国内情勢

日中戦争の道程

国内の政治と経済

国民生活の逼迫

戦時体制下の国内情勢

太平洋戦争への道程

戦争の激化と敗戦

戦時下の国民生活

町民の出征

町民の出征状況

戦死者の実情

戦死者の葬儀

戦時下の町民生活

地域集団の実態

地域生活の規制

戦時下の地域生活の実態

第五章 現代社会の展開と石部

第一節 戦後改革と町村合併

戦後改革期の石部

戦後改革

農地改革の経緯

石部における農地改革

町村合併問題

合併の気運

合併促進協議会の設立

合併問題の推進

第二節 石部の発展とその特性

人口と財政の動き

人口の推移

就業人口の変化

町財政の健全化

地域の変動と特性

農業地域としての石部

農業協同組合の設立

農業協同組合の事業

石部頭首工

水田の転作

農業基盤整備事業

数字にみる農業

農業経営の変容

農業の機械化

植栽場の設置

林業の概要

内陸工業地域としての石部

工業化の端緒

新国道と工場進出

高速道路と工場進出

産業の発展

製造業の成長

住宅都市としての石部

町営住宅の建設

公営住宅開発

民間企業の宅地開発

石部の都市計画構想

大津湖南都市計画区域への編入

総合発展計画の策定

第三節 生活環境の整備

都市計画と生活環境の整備

町政諸機関の統合

自然環境の保全

交通・通信の整備

上下水道の整備

商業の振興と消費生活の向上

商工会の設立

小売店舗の変貌

地域医療と社会福祉の充実

保健・医療施設の設置

福祉施設と社会福祉事業

社会教育の促進と地域文化の創造

社会教育・文化活動

雨山文化運動公園

第四節 新しい教育

戦後の石部小学校

戦後の小学校

軌道に乗る新生石部小学校

開校百周年後の石部小

石部南小学校の開設

南小の創立

学校づくりの軌跡

石部中学校

町立中学への熱望

石中の発足と諸整備

石部幼稚園と保育所

石部幼稚園

石部保育所阿星保育所

社会教育の推進

社会教育活動

公民館

婦人会

青年団

巻末付録

口絵解説

写真・図・表一覧

索引

執筆者紹介・分担

[後付]

あとがき

[町史編さん委員]

[奥付]

[折込図]