豊橋市図書館/とよはしアーカイブ

とよはしの歴史
目次

[発刊にあたって・とよはしの歴史 目次]

発刊にあたって

とよはしの歴史 目次

第一章 文化のあけぼの

一 採集と狩猟の生活

牛川人骨の発見

豊橋周辺の旧石器遺跡

旧石器時代の生活

二 縄文時代の生活

嵩山の蛇穴

干し貝加工の大西貝塚

縄文遺跡の分布

三 稲作と定住生活

稲作の始まり

瓜郷遺跡の集落

銅鐸の謎

環濠集落の出現

第二章 三河国の誕生

一 古墳と豪族

古墳の誕生

前方後方墳の出現

馬越長火塚古墳

古墳の分布と副葬品

二 穂国から三河国へ

穂国の誕生

三河の国府と地方政治

班田収授と条里制遺構

古代の寺院址市道遺跡

三 平安時代の三河

律令制の移り変わり

三河の国司と藤原氏

東三河の荘園

高師山と須恵器

志香須賀の渡と東海道

第三章 もののふたちの世界

一 武士の登場と支配

源氏と三河

鎌倉幕府と朝廷

足利一族が支配する三河

室町幕府と三河の武士

三河の守護と応仁の乱

二 吉田をめぐる攻防

戸田宗光の進出と二連木城

牧野古白と今橋城

松平氏の進出と戸田氏・今川氏

今川義元の吉田支配

家康と吉田

三 中世の交通と文化

鎌倉街道と豊川の渡し

鎌倉仏教の広がりと寺院

第四章 吉田藩政下の町と村

一 池田氏の領国支配

池田輝政の入城

吉田城の改築

吉田川の鎧堤と交通の整備

二 吉田を治めた譜代大名

吉田藩領と天領

池田から松平へ

小笠原四代

大河内松平の時代

老中首座松平信明

三 城下町吉田の発展

吉田二四町

吉田藩の武家屋敷

藩政のしくみ

武士の俸禄

町人のくらし

四 農民のくらし

検地と年貢

村方自治と五人組

馬見塚村の庄屋のくらし

農業技術の進歩

新田開発

五 学問の普及と地域文化

山田宗徧と茶道

藩校時習館の創設

羽田野敬雄と三河の学問

寺子屋の教育

長澤蘆雪と正宗寺

渡辺崋山と吉田の画人

活気づく町人文化

吉田の祭と民間信仰

第五章 吉田・二川宿と東海道

一 賑わう吉田宿

東海道と吉田

新居の関所と吉田藩

吉田宿のなりたち

船町と吉田湊

豊川の舟運と中馬街道

姫街道と嵩山宿

二 二川宿と本陣

二川宿の成立と本陣の経営

人馬の継立

助郷の苦しみ

第六章 幕末の吉田藩

一 農村の衰え

入会地の争い

困窮する農村

飢餓に苦しむ農民

二 藩財政の窮乏と討幕の動き

窮乏する藩財政

苦しい武士の生活

武士の内職

討幕で悩む松平信古

版籍奉還と豊橋藩の成立

第七章 吉田から豊橋へ

一 明治維新と近代化

額田県から愛知県へ

武士階級の解体と生活

徴兵制と西南戦争

二 高まる自由民権運動

自由民権運動と村松愛蔵

豊橋自由党の結成と飯田事件

三 豊橋市の誕生

豊橋町の成立

自由党東三支部と豊橋改進党

豊橋実業談話会と公同会

市制施行と大口市政

四 軍都豊橋の出現

日清戦争と歩兵第十八聯隊

日露戦争と豊橋俘虜収容所

第十五師団の誘致

軍隊と市民生活

五 文明開化の足音

街の変貌

東海道線と豊橋駅の開業

電灯・瓦斯会社の設立

飛脚から郵便局へ

第八国立銀行と中村道太

初等・中等教育の進展

明治期の文化活動

第八章 近代産業の幕開け

一 農業の発達と新田開発

地租改正と地券

貨幣経済の進展と農村

神野新田と牟呂用水

二 蚕都豊橋の形成

士族授産と製糸業

座繰製糸から器械製糸へ

全国に知られた豊橋の玉糸製糸

製糸工場で働く女工たち

三 地場産業の発展

吉田煙草と原田万久

豊橋筆と佐野重作

洋風帽子の材料麻真田製造

三河海苔と杢野甚七

第九章 デモクラシーのうねり

一 民主化にめざめる人々

実業派と同志派の争い

物価高騰と米騒動

第一次電価争議

労働運動の高まり

普通選挙法の実施

二 教育の充実と文化

初等教育の高まり

中等教育の充実

大正・昭和前期の文学

大正・昭和前期の美術・芸能

三 都市基盤の整備

都市計画と道路の拡張

上下水道の整備

市電の開通

市立豊橋病院の設置

市立図書館の移転

百貨店の進出

四 商業的農業の発展

減少する桑畑

石巻村の柿栽培

温室園芸のはじまり

養鶏の普及

第十章 戦争への道

一 昭和恐慌の爪あと

打撃を受けた豊橋の産業

第二次電価争議

近代化政策の行きづまり

豊橋のファシズム運動

豊橋の大政翼賛運動

二 戦火の拡大

その後の軍都豊橋

日中戦争と郷土部隊

サイパン グアムの戦い

三 戦争と市民生活

配給制と耐乏生活

市民の戦争協力

戦時教育と学徒動員

豊橋空襲

本土決戦

敗戦

第十一章 廃墟からの復興

一 敗戦の混乱と開拓

闇市と買い出し

街にあふれる失業者

高師・天伯原の開拓

開拓農民の苦闘

開拓農民の団結

二 民主化の波

農地改革による民主化

地方自治の高まり

戦後教育と新学制

新制高等学校の誕生

市民文化の復活

三 復興と開発

朝鮮戦争と特需

伸び悩む中小企業

戦災復興事業

天竜東三河特定地域の指定

豊川放水路の完成

豊川用水の開通

第十二章 新しい街づくり

一 高度成長の中での工場誘致

二〇万都市の誕生

大工場の誘致

三河港づくりの構想

三河港造成と漁業補償

明海臨海工業地域

二 豊かで住みよい豊橋をめざして

世界に拓く国際港へ

ユーレックス計画

緑とうるおいのある街

全国有数の農業地域

夢と文化のある街

国際交流の推進

二十一世紀の街づくり

[執筆を終えて・付録・[奥付]]

執筆を終えて

付録

豊橋市略年表

主な参考文献

索引

[奥付]