小平市立図書館/こだいらデジタルアーカイブ

小平市史 近現代編
目次

[口絵]

凡例

小平市史 近現代編 目次

近現代編を手にとる方々へ

小平の近現代の歴史とは?

近現代編の編さん方針と編さん過程

近現代編の構成

近現代編を読む際に前もって知っておいてほしいこと

小平の近現代史に影響を与えた三つの要因――「開発」「改良」「福祉」

「くらし」の視点をいっそう深めるために

東日本大震災後の自治体史

市制施行五〇周年に地域の歴史を振り返る

第一章 村の維新

第一節 七か村の維新と地域の枠組み

1 明治維新と村役人

村の御一新

維新期の小平の村々

韮山県と品川県の設置

御門訴事件の勃発

戸籍法と村役人制度の廃止

2 明治政府の地域編成と地域の結びつき

大区小区制と村用掛・代議人

九小区会所のようす

郡区町村編制法

村会の結成

地域の枠組みの模索と連合戸長役場の結成

3 新たな制度と社会の変化

開化の風潮

村の郵便

村の派出所

徴兵制の施行と最初の戦争

第二節 地租改正と新田村落の由緒

1 小平の農業生産

明治初年の農作物

明治一〇年代の農業生産

水車と製粉

村の階層構成

2 地租改正事業の推移

明治政府の土地政策

地租改正令の公布

地租改正の実施

税負担の増加

3 地価修正反対運動の展開

無収穫地をめぐって

神奈川県による更正地価の提示

地価修正反対運動の開始

武蔵野新田の由緒とあらたな結合

救助金の下賜と運動の分断・終息

武蔵野新田意識から「改良進歩」へ

第三節 改良への模索と自由民権

1 玉川上水通船への期待

通船の開始と小平

船溜と荷物置場をめぐる騒動

培養商会の結成

2 茶業の導入と先義会社への参加

茶樹栽培の開始と「改良進歩」

取締規則制定請願と先義会社

先義会社の再請願と製茶業の拡大

3 農政の転換と小平の民権運動

民権運動の北多摩への広がり

自治改進党の結成

中和会と小平

民権運動に対する対応の違いとその背景

大日本農会の設立と斉藤忠輔

国盛社と玉川銀行

4 茶業の隆盛

政治重視から経済重視へと転換した北多摩郡

茶業組合準則の発布と北多摩郡茶業組合の結成

茶業組合郡部取締所の設置

茶業者が多かった「第三号部」

第四節 くらしを支える仕組みと文明化

1 小学校と地域

小平の手習い塾

学制の施行と小学校の設置

明治初年の生徒と学校

集成学校の設立と分離

身近な小学校を求める動き

2 伝染病と医療の文明化

医療の近代化

幕末~明治期の小平の医師

本多雖軒の治療記録

宮崎義智の検死記録から

伝染病と立ち向かう地域の医師

第二章 小平村の成立

第一節 「改良進歩」をめぐる対立と小平村

1 小平村の誕生

「小平」の誕生と村長・助役

誕生から第一次大戦期までの村財政

2 壮士勢力の台頭

キリスト教の小平への広がりと政治活動

県会騒動と小平

神奈川県通信所の設立と小川諸氏

3 茶業・蚕糸業組合をめぐる対立

茶業郡部取締所をめぐる紛擾

北多摩郡北部蚕糸業組合の結成

殖産興業談話会の結成

茶業組合規則の制定と郡長訓令取消問題

北多摩郡農工講話会の結成

蚕糸業組合設置方法にかんする意見照会

第二節 北多摩政界の再編と「改良進歩」の組織化

1 北多摩郡正義派の結成

神奈川県倶楽部の結成

北多摩郡倶楽部の設立

北多摩郡正義派の結成と小平

2 東京府編入と川越鉄道

通船から甲武鉄道へ

移管運動の開始と分裂

川越鉄道の敷設と土地収用

停車場の位置をめぐる対立

東京府編入の実現

3 政治と経済に揺れた小平

正義派解散後の小平

第二回総選挙

神奈川県実業者相談会と正義青年会

国民協会の結成と小平

4 茶業から養蚕・蚕種業へ

大日本農会北多摩支会の結成

系統的品評会の開催

茶業の衰退と養蚕・蚕種業の拡大

第三節 日清・日露戦争と小平市

1 対外戦争のはじまり

小平に残された戦争記念碑

日清戦争と台湾の植民地化

出征兵士と留守家族

台湾での戦闘

2 日露戦争と小平村

日露戦争の規模

戦時下の兵士・留守家族と小平村

旅順攻囲戦

奉天会戦へ

第四節 くらしを支える諸団体と青年

1 青年の組織化

回田青年会の結成

会則の改正と小平村青年会の結成

2 諸団体の結成

在郷軍人団から在郷軍人会へ

村人の安全を守る消防組と衛生組合

3 震災での支え合い

村内の罹災状況

村外への支援

村内避難民への支援

コラム 明治の小平の小学校にやってきた教師たち

第三章 学園開発と小平村

第一節 学園開発のはじまり

1 「大東京」と郊外化

田園の趣味

「大東京」の誕生

2 箱根土地の小平学園開発

堤康次郎の学園都市構想

女子英学塾・明治大学の移転計画

国分寺大学都市計画

国分寺大学都市から小平学園へ

多摩湖鉄道の開通

女子英学塾・東京商科大学予科移転後の小平学園

国分寺厚生の家と西武鉄道

旧西武鉄道村山線の開通

3 郊外型施設の進出

海外拓殖学校・東京高等拓殖学校

結核療養所

研究施設の移転

小金井カントリー倶楽部

第二節 戦間期の行財政の諸問題

1 戦間期の村財政

村財政の膨張と義務教育国庫負担制度

戸数割の委譲と反別割の導入

昭和恐慌と農村救済政策

村税滞納問題の発生

2 小学校高等科併置問題

小学校高等科の増設をめぐる議論

小学校再編にともなう諸問題

第三節 くらしを支えるムラと教育熱

1 くらしの防衛

自然災害からくらしを守る

火事と消防

消火活動

2 地縁と血縁による互助

地縁組織

香奠の金額

姻戚の力

3 地域と教育

地域で運営する学校

新しい教育方針と学校経営

郷土教育と愛国心

学校生活と子どもたち

就学と進学のひろがり

実業補習学校と農業公民学校

小平村青年団の結成

青年の修養欲求と青年団

女子青年団

4 衛生と医療

伝染病対策

昭和病院の開設と医療機関

町の医者

くらしを支えるムラと教育熱

第四章 戦時開発と町制施行

第一節 戦時開発と変わる小平

1 軍事関連施設の進出

最初の戦没者村葬

戦時開発とは

傷痍軍人武蔵療養所

陸軍経理学校

北多摩通信所と陸軍技術研究所

大学に駐屯した東部九二部隊

2 軍需工業化と小平

軍需工場の進出

陸軍兵器補給廠小平分廠

東部国民勤労訓練所

3 戦時開発と地域社会の変容

戦時の住宅問題

土地強制買収

飯場の朝鮮人

厚生の家

戦時の都市計画

4 農業の改良

昭和戦前・戦時期の小平農業

イモの小平

戦時のイモ生産

西瓜

大根とうど

第二節 戦時統制と戦時体制下の行財政

1 戦時統制の進展と生活物資の配給

戦時統制の進展

小平村商業報国会の設置

2 戦時期の村財政

財政の戦時化

一九四〇年税制改革と各種補助金・交付金

3 町制施行へ

近隣村の町制施行

小川良助村長の死去

村税滞納問題の解消と村長の交代

小平町の誕生へ

第三節 戦争とくらしの仕組み

1 くらしの統制と合理化

囲い込まれる地域

くらしの統制と合理化

2 戦時下の医療・福祉

国民健康保険制度の成立

小平村国民健康保険組合

3 教育と地域

農村青年と青年学校

戦時開発と児童の進路

疎開児童の受けいれ

4 活動する女性

婦人会活動

女性労働力の動員

津田こどもの家

5 アジア・太平洋戦争の出征者、戦没者、戦災死没者

小平からの出征者

小平の戦没者

空襲と小平

第四節 戦前・戦時の移動と生活圏

1 生活圏と日常的な移動

小平村の人口動態

農業生産と移動

消費生活と移動

祭りや参詣

通婚圏

通勤・通学圏

通院・治療

重層する地域圏

2 戦時開発と移動

戦時の人口急増

流入人口の性格

戦争の深まりと移動の諸相

3 アジアのなかの小平

小川兄弟と中国

満蒙開拓青少年義勇軍

南方人材の育成

小平にやって来た人びと

戦地での移動とアジア体験

中国大陸から南方へ

看護婦として従軍

満州の日本軍

アジアのなかの小平

コラム 戦時の小金井カントリー倶楽部

第五章 戦後小平町の出発

第一節 小平の戦後復興

1 戦時開発の清算と再出発

進駐軍がやってきた

旧軍用地の解放を

住宅問題と人口増

転用される陸軍経理学校跡地

国立武蔵療養所と身体障害者公共職業補導所

戦時開発地の再出発

2 農地改革

農地改革の実施状況

農地委員会の活動

農地の買収・売渡

寄せられた陳情書

3 農業の改良

農家数と経営耕地面積

さつまいも・すいかの特産化と養豚

小平町の畑作経営改善事業

花卉研究会と即売

恵泉女子農芸専門学校の転入

第二節 立川基地と小平町

1 米軍機の墜落事故と賠償問題

米軍機の墜落事故

「ギャラップ・ゴー」

難航した賠償問題

津田塾大学生の平和意識

2 基地と平和運動

米軍基地と社会問題

原水爆禁止運動

砂川闘争と生業資金

小平町議会における核実験禁止要望の決議

第三節 町村合併の動きと町誌編さん

1 町財政と社会資本整備

地方自治の民主化と自治体警察

ドッジ・ラインとシャウプ税制

小中学校の校舎建築と失業対策

一九五〇年代の町財政

道路・排水路の整備

水道・ごみ収集事業の町営化

2 小平町における町村合併の動き

町村合併問題の発生

三町合併へ

農家出身議員の反対

三町合併の不成立

3 町誌編さんと地域認識

町誌と小平町史研究会

新田村と地縁組織

町民参加

町誌の完成と小平郷土研究会の発足

第四節 郊外化と工場移転

1 人口の急増

戦後の人口

女子大学のある町

小平町報からみた人口増加

2 工場の進出

一九五〇年代の製造業

小平町の工場誘致

ブリヂストンタイヤの進出

工場誘致のもたらす効果

日立製作所トランジスタ研究所の進出

3 商業と交通

一九五〇年代の商店

西武鉄道と「小平学園駅存置の為の陳情書」

西武自動車のバス路線拡大

第五節 戦後復興期のくらしを支える仕組み

1 くらしの再建

食糧難と生存を守る動き

くらしの改良政策

2 学校教育

GHQ通牒と署名捺印

教室が足りない

学校教育と地域の改良

3 公民館と社会教育

有賀三二と青年教育

青年学級の開設

新しい女性像

町報に学ぶ

公民館で学ぶ

映画会で学ぶ

婦人学級で学ぶ

新しい学びへの模索

4 障害児教育と医療・福祉

小川に集まった身障者の施設

施設の目的と実際

戦後の公衆衛生と医療

5 この時代の特徴

戦時から戦後へ

復興期のくらしを支える仕組みの特徴

コラム 魂のゆくえと小平霊園

第六章 郊外化と市制施行

第一節 小平市の誕生

1 市制施行

「市制について考えましょう」

市制に向けた町民の要望

市制施行と祝賀行事

2 都市基盤整備と市財政

小平都市計画区域

一九六〇年代の市財政

3 行政の整備

市庁舎改築と行政機構の改組

事務の合理化と庁内広報誌の発行

小平市緑と花いっぱい運動と「市の木」「市の花」

第二節 人口の急増と郊外化

1 人口の急増

増え続ける人口

若者がやってきた

ファミリーの町

2 住宅建設と交通網の発達

高層住宅の建設

一橋学園駅の誕生

武蔵野線の敷設

3 農業の衰退

農地減少と兼業化

小平市うど生産組合

小平市園芸組合と植木せり市

恵泉女学園短期大学園芸生活科の転出

4 工場と地域社会

工場の福利厚生施設の建設と緑化

ブリヂストンタイヤ工場に集まった転勤者たち

ブリヂストンタイヤ工場に集まった若年男子労働者

若年男子労働者の生活

日立武蔵に集まった若い女子労働者

第三節 郊外化と地域意識

1 小平郷土研究会の活動

郷土研究会をはじめる

新しい住民のための『郷土こだいら』

2 教員と郷土研究

教員による『こだいら』の刊行と社会科

「産業教育研究」の指定校と実学の伝統

郷土史の後退と社会科教育の変容

3 小学校社会科副読本と校歌

社会科副読本と地域意識の変化

校歌にあらわれた郷土意識と自然

第四節 郊外化とくらしを支える仕組み

1 くらしと仕組み

人口増加とくらしを支える仕組み

くらしを支える担い手

2 学校教育と保育

増える園児・児童・生徒数

幼稚園と学校の増設

教育環境の整備

母親たちの活動

地域のなかの子ども

「保育の社会化」をめざして

学童保育クラブの増設を求めて

大学のまち小平

地域の人びとと朝鮮大学校

3 公民館と社会教育

公民館の建設

一九六〇年代前半の青年学級

一九六〇年代後半の青年学級

郊外化の進展と女性たちの学び

主婦と家庭の外で働くこととの間で

寿学級・明治学級の開設

明寿会の発足

4 医療と福祉

市制施行と医療・公衆衛生

地域精神衛生業務連絡会の設置

ケースワーカーの取り組み

一九六〇年代の都立小平養護学校

都立小平養護学校のPTA

5 「団地族」のくらし

小平「団地族」の誕生

「団地族」と新しい故郷

団地自治会の結成

会報『さざんか』の発刊

生活環境の改良

消費生活の共同防衛

子どもたちのために

親睦を求めて

6 この時代の特徴

子育てを支える

福祉と医療を支える仕組み

新しく移り住んだ人を支える

地方自治体の役割

第五節 戦後の移動と生活圏

1 戦後復興期の移動

引揚者や浮浪者への対応

都営住宅などの建設と軍関連施設の転用

2 郊外化と生活圏のひろがり

郊外化と定住志向

通勤からみた小平の移動

通学からみた小平の移動

医療機関と福祉関連施設に通い、住む

第七章 郊外都市と市民生活

第一節 「長期総合計画」

1 「長期総合計画」の策定

「長期総合計画」の策定への道

「長期総合計画」の策定

「住宅都市」と「緑」

一九八一年の「第二次長期総合計画基本計画」

2 市政のなかの「地元意識」と「緑」

市民相談と市政世論調査

市政世論調査の「地元意識」

緑化条例とけやき並木

3 市財政

一九七〇年代から八〇年代半ばまでの市財政支出

教育費・土木費・民生費の支出状況

第二節 郊外都市の基盤整備

1 くらしやすさと社会基盤

下水道の整備

「青空駐車」問題

児童遊園地の整備

2 産業構造の変容

就業者数の増加と構成の変化

工業の動向

商業・サービス業の展開

農業と生産緑地

3 商店会と大型小売店の進出

小平駅の石材店

商店会

ダイエー小平店の出店問題

商工会がダイエー出店反対運動をふり返る

都営住宅の住民もダイエー出店に反対する

第三節 市民生活・消費生活を見つめ直す

1 消費社会への動き

消費者教育がはじまる

生活学校で学ぶ

2 消費者行政の取り組み

革新都政誕生

消費者行政の確立

市政モニターへのアンケート

消費経済課の設置

3 消費生活展とさまざまな消費者運動

消費生活展

市民葬儀の実現

高齢者福祉を考える

学園東町生活学校と資源回収運動

学校給食から考える

第四節 地域のなかの歴史をたどる

1 伝統の維持と継承

鈴木ばやしの保存

伝統芸能を地域で受け継ぐ

市民まつりと山車

小平神明宮のお囃子と八雲祭

鈴木遺跡と地域の歴史意識

2 学校における郷土学習

ゆとり教育と郷土への関心

中学校社会科副読本『私たちの小平』

3 図書館の設立と活動

小平市立図書館の開館

古文書の収集と資料保存

児童サービス

子ども文庫

4 小平市玉川上水を守る会の発足と活動

「何も加えない」保全

「何もしない」多様な活動

「地元の方」からの聞き書きと故郷創出

小平民話の会

5 高校生・大学生の地域研究

創価高校生物部のけやき調査

教員が支える地域研究

都立清瀬高校の地域調査報告書

手を加えない玉川上水の価値

第五節 くらしを支える仕組みと運動

1 くらしと仕組み

一九七〇年代のくらしを支える仕組み

くらしを支える運動

2 学校教育と保育

一九七〇年代の学校をめぐる状況

子どもの遊びと遊び場問題

障害児のための若草学級

勉強とクラブ活動のはざまで

中学生の進学動向

都立高校増設運動

生徒と親と教員、それぞれの受験

3 公民館と社会教育

地区公民館の設置

公民館利用者懇談会

青年学級連絡会

青年教養大学と青年文化教室

すみれ青年教室とけやき青年教室

婦人教養セミナーの開設と女性グループの自主化

公民館保育室の開設

高齢者向け社会教育の拡充

明寿会の変化

4 医療と福祉

医療と福祉の担い手のひろがり

社会福祉協議会と小平市の障害者福祉都市指定

高齢者福祉への取り組み

民生委員・児童委員の活動

地域精神衛生業務連絡会によるサポート

地域で福祉と医療を連携するということ

5 運動

活動と運動の時代

障害者の権利を向上させる運動

本家慶昭とめざす会の人びと

あさやけ作業所の運動

あさやけ第二・第三作業所

小川駅のエレベーター設置

運動が結ぶ地域のつながり

6 この時代の特徴

福祉・医療・教育を軸にしたくらしの仕組み

小平の福祉の時代

コラム 『岳物語』と椎名誠と小平

第八章 小平市の現在

第一節 市政の構想と課題

1 「新長期総合計画」の策定

「新長期総合計画」の作成

「ふるさとづくり」と「小平新開拓時代」

一九七〇年代の小平での取り組みとのかかわり

2 「第三次長期総合計画」の策定へ

ポスト「開発」の時代

「地域力」「民活力」「行政力」

第二節 地域のなかの歴史と文化

1 歴史と文化をふり返る

「昭和三〇年代の結婚式」の再現

食文化としてのうどん

「小平の鳥」の制定

「べーぷらん」と音への関心

2 地域の歴史をたずねる市民の活動

小平郷土研究会「小平ふるさと物語部会」

「小平・ききがきの会」とアジア太平洋戦争

「平和のための戦争展・小平」と小中学生

第三節 社会をつなぎ直すくらしの仕組み

1 地域保健福祉計画の策定と福祉のまちづくりの推進

福祉行政の推進

地域保健福祉計画の策定と『ともに生きるまち小平』

新小平市地域保健福祉計画と小平市障害者団体連絡協議会の結成

2 社会をつなぎ直す

小平特別支援学校と地域

放課後活動の「ゆうやけ子どもクラブ」

小平団地の「ゆうらうんじ」

小平の在日外国人と行政・地域

第四節 新しい小平をめざして

1 近現代史のなかの小平――「開発」「改良」「福祉」の歴史

新田「開発」から明治の「改良」へ

学園「開発」と戦時「開発」

戦後の郊外「開発」の時代へ

「福祉」の時代

小平の歴史のなかの「改良」「開発」「福祉」

2 「くらしを支える仕組み」の歴史からみえること

くらしの近代化と制度・組織の受容

戦争前後のくらしを支える仕組み

郊外化とくらしを支える仕組み

3 歴史に学び、未来をみすえる

自治基本条例と小平市制施行五〇周年

歴史をそなえた都市へ

コラム 学校記念誌をつくるということ――校風と歴史を伝え継ぐ

参考資料

統計

表1 人口(1900年~1945年)

表2 人口(1946年~2000年)

表3 一般会計歳入・歳出決算表(1896年度~1910年度)

表4 一般会計歳入・歳出決算表(1912年度~1926年度)

表5 一般会計歳入・歳出決算表(1927年度~1936年度)

表6 一般会計歳入・歳出決算表(1937年度~1941年度)

表7 一般会計歳入・歳出決算表(1942年度~1944年度)

表8 一般会計歳入・歳出決算表(1946年度~1963年度)

表9 一般会計歳入・歳出決算表(1964年度~1982年度)

表10 一般会計歳入・歳出決算表(1983年度~2000年度)

近現代編の編さんを終えて

資料提供者・提供機関及び協力者・協力機関(各五〇音順 敬称略)

執筆担当者

市史編さん関係者

[奥付]