小平市立図書館/こだいらデジタルアーカイブ

小平市史 近世編
目次

口絵

凡例

目次

はじめに-小平の近世-

《地図を広げてみよう》

《『小平市史・近世編』を読んでみよう》

序章 村ができるまで-武蔵野がひらかれる-

第一節 南北に伸びる道と武蔵野-古代・中世-

1 都と国府を結ぶ道

武蔵野のイメージ

最も古い人の痕跡

武蔵国の成立

東山道武蔵路

八小遺跡について

2 鎌倉と各地を結ぶ道

武士団の活動と鎌倉幕府の成立

鎌倉街道上道

鎌倉街道上道と伝承

第二節 変化する武蔵野と丘陵の村-戦国時代~近世前期-

1 変化の起点としての戦国時代

幕府滅亡後の鎌倉

享徳の乱と交通路の変化

北条領国下の交通路

武蔵野における集落の成立

2 徳川家康の関東入国と首都江戸の建設

徳川家康の関東入国

青梅街道と石灰輸送

五日市街道と薪炭輸送

玉川上水の開削

3 丘陵の村から

村山村から岸村へ

岸村のすがた

岸村の土豪

開発に乗り出す土豪

第一章 村ができる-一七~一八世紀の村の開発と支配-

第一節 ひらかれる小川村-一七世紀の新田開発-

1 一七世紀の武蔵野開発のなかで

武蔵野の開発状況

小川九郎兵衛の開発願い

2 入村してくる者たち

「入村請書」という文書

入村者はどこから来たか

入村者の素性

3 開発のようす

延宝二年頃の小川村地割図

小川分水の開削

土地開発の進展

4 開発人小川家と入村者の関係

寛文九年検地と小川村の成立

小川家の地代銭取得特権

小川家による百姓助成

5 寛文・延宝年間の村方騒動

第一次騒動(寛文二年)

第二次騒動(延宝四・五年)

第三次騒動(延宝七・八年)

6 馬をあつかう人びと

小川村の馬

小川村を訪れた馬喰

小川村の口入人と馬喰・馬医

7 村のすがた

一七世紀末~一八世紀前半の小川村

小川村を構成する組

農業生産の状況

土地所有のあり方

コラム 近世の百姓に苗字はあったのか?

第二節 新たに生まれる村々-享保期の新田開発-

1 将軍吉宗・大岡忠相と新田開発

(1) 将軍吉宗と享保改革

吉宗の将軍就任

(2) 享保改革と武蔵野開発

幕府の新田開発

大岡忠相と武蔵野開発

小川村の「見取場」検地

(3) 大岡忠相の元文「新田場」検地

元文の大岡検地

廻り田新田の元文検地

村々の検地帳

検地後の展開

(4) 川崎定孝の桜植樹

川崎定孝の桜植樹

桜植樹の理由

小平市域史料の桜-将軍吉宗・大岡忠相・川崎定孝-

2 小川新田

(1) 開発までの経緯

小川弥市の開発願い

もう一つの開発願い

開発地の割り渡し

(2) 二つの区域

「出百姓分」と「持添分」

「持添分」の開発

「出百姓分」の開発

「出百姓分」の構成

(3) 開発期のくらし

村役人制度

年貢収納状況

土地の性格

新田名主家の成立

村のすがた

3 鈴木新田

(1) 貫井村と新田開発

近世の鈴木新田

貫井村の開発願い

野中善左衛門との協力

「貫井村願場」の開発許可

百姓への開発場割り渡し

(2) 「野中新田」の頃

利左衛門の開発場取り上げ

利左衛門の入村準備

名主源右衛門の「野中新田」

(3) 入村百姓のすがた

享保一一年以降の入村

入村百姓の出身地

(4) 鈴木新田の「独立」と野中新田村役人との出入

鈴木新田の「独立」と年貢割付

「野中新田」村役人を訴える

(5) 元文検地の実施

鈴木新田の地目と面積

鈴木新田の土地所持状況

(6) 鈴木新田の諸様相

村のすがた

川崎手代としての鈴木利左衛門

大長久保の田場

4 野中新田

(1) 上谷保村大堅と百姓の新田開発計画

近世の野中新田

上谷保村の大堅

新田発起と「矢沢新田」

江戸町人との共同開発計画

(2) 野中善左衞門の出資と「野中新田」の成立

野中善左衛門への出資依頼

開発場の割り渡し

開発場の売却と上谷保村百姓の撤退

入村百姓の出身地

「野中新田」となる

(3) 四つの「村」へ-与右衛門組・善左衛門組・六左衛門組・鈴木新田-

(4) 元文検地の実施

野中新田の地目と面積

野中新田の土地所持状況

(5) 野中新田の諸様相

善左衛門の名主役召し上げと帰役

村のすがた

野中新田の「組」と「村」

善左衛門組の「堀野中」

野中新田と江戸

大堅和尚の遺偈

5 大沼田新田

(1) 新田開発と當麻家の土地集積

大沼田新田の村域

大岱村の當麻家と新田開発

近隣村々からの開発場買い集め

二人の新田開発人

(2) 百姓のすがた

新田場の百姓

入村百姓の出身地

(3) 元文検地の実施

大沼田新田の地目と面積

大沼田新田の土地所持状況

(4) 村の地割と二種類の新田場

村の地割と地割絵図

二種類の新田場

(5) 名主役出入から村役人の固定まで

新田百姓の名主役設置要求

「百姓のために」働く伝兵衛

伝兵衛、名主代役となる

相名主の弥左衛門と伝兵衛-開発人両家-

弥十郎の入村と村役人の固定化

(6) 大沼田新田の諸様相

村のすがた

弥左衛門家と伝兵衛家

伝兵衛と久米川新田

新田の名称

6 廻り田新田

(1) 開発がはじまるまえ

廻り田村

開発反対運動

二分される廻り田村

(2) 斉藤太郎兵衛・忠兵衛と山田庄兵衛

斉藤太郎兵衛と代官岩手信猶

開発地の売却

山田庄兵衛の登場

年貢不納問題

(3) 元文検地の実施

土地の割り付け

廻り田新田の地割の特徴

地目の特徴

(4) 本村からの独立と開発由緒の成立

新田への移住

廻り田新田の出発

集落の形成

宝暦年間の土地所持状況

本村からの独立

村の歴史と序列

(5) ひらかれた廻り田新田のすがた

最初の村明細帳

廻り田新田の生業と風景

7 新田開発と寺社

(1) 小平市域における寺社の概観

地域の寺院や神社をみるにあたって

寺院の役割

神社の役割

武蔵野新田と寺社の概況

(2) 小川村と寺社の整備

小川村の景観と寺社

寺院の成立と入村請書

二つの菩提寺

小川家と両寺院

神明宮と山王社

開発と僧侶

小川新田開発と一本榎

宮崎家の動向と社号

期待される僧侶像

小川寺の火災

(3) 大沼田新田の成立と寺社

泉蔵院の成立

引寺完遂までの経緯-引寺反対の動向-

引寺完遂の裁許

泉蔵院留守居

泉蔵院の由緒と引寺経緯の整理

泉蔵院の引寺と周辺村

稲荷社をめぐる史料伝来

泉蔵院・稲荷社の普請とその管理

(4) 野中新田と寺社をめぐる様相

野中新田の成立と寺院

円成院の整備と野中新田の組分け

円成院の引寺と子院

子院・庵の存在

円成院の二つの特徴

四つの組と寺院

延命寺の初見と整備

宝林院と鳳林院

鈴木新田海岸寺の引寺

牛込済松寺と引寺

引寺の意味

コラム 新田開発の典型的事例として

第三節 支配する人たち-小平市域の支配の概要-

1 幕府直轄領と小平市域の代官支配

幕府直轄領とは

代官とは

地方と公事方

代官所の役人

2 小川村の開発と八王子十八代官

八王子十八代官

今井九右衛門忠昌

中川八郎左衛門

3 綱吉期以降の小川村支配代官

近山与左衛門正友

勘定所系代官の登場

小川村支配代官と幕府官僚制

4 享保改革と大岡支配役人

大岡忠相の地方御用拝命

岩手藤左衛門信猶

野村時右衛門・小林平六の救恤策と増徴

荻原源八郎乗秀

上坂安左衛門政形

5 川崎平右衛門と伊奈半左衛門

川崎平右衛門定孝の登場

川崎の救恤策

伊奈氏の支配の開始

江戸廻り代官支配の開始

6 近世後期の代官支配-伊奈氏の改易と馬喰町御用屋敷詰代官体制の確立-

寛政改革期の代官政策

伊奈半左衛門の改易と関東郡代の新設

伊奈友之助忠富

野田文蔵元清

7 文政改革と韮山代官支配の開始

文化文政期の関東代官

馬喰町御用屋敷詰代官支配の展開

江戸廻り代官早川八郎左衛門正紀

その後の江戸廻り代官支配

韮山代官支配の開始

8 開国期の代官支配

開国期の関東代官

韮山代官支配

江川太郎左衛門英敏

江戸廻り代官

9 幕末維新期の代官支配-関東幕領の再編と明治維新-

熊本藩預所をめぐる代官と地域

最幕末期の小平市域の支配

明治維新と代官支配の終焉

コラム 村人に慕われる代官たち

第四節 鷹場にくらす-尾張家鷹場の規制と負担-

1 江戸周辺の尾張家鷹場

将軍家鷹場と御三家鷹場

尾張家鷹場

尾張家の鷹場役人

2 近世前期の鷹場預り

「鷹場預り」の起源

鷹場預りの増員

鷹場預りの職務

生類憐みの令と鷹場の廃止

3 享保改革の鷹場復活

将軍家鷹場の復活

尾張家鷹場の復活

「鷹場預り案内」の任命

鷹場預り案内の交代

尾張家鷹場の調査

4 鷹場法度と規制・負担

鷹場法度

さまざまな規制と負担

①鷹場人足負担

②家作・普請願い

③鷹合札(たかあいふだ)・餌差札(えさしふだ)の管理

④鉄砲関係

⑤鷹餌の飼育

⑥水車稼

⑦案山子

⑧花火

⑨経済的負担

5 近世後期の尾張家鷹場

鷹場見廻

古役五家体制の崩壊

尾張家鷹場の天保改革

古役特権の否定

6 鷹場村々と尾張家

鷹場村々と尾張家

①尾張家当主の交代

②尾張家鷹狩と規制・負担

③幕府支配

④鷹場農民と幕府・尾張家

尾張家鷹場の廃止

第二章 村がなりたつ-一八~一九世紀の村-

第一節 村をまとめる-村役人と村政-

1 村と支配

村請制と新田村の村役人

法令の伝達

高札

村の掟

村の会計

2 村運営と村役人の交替

村役人の仕事と心得

村役人給

大沼田新田の村運営-名主と年寄-

大沼田新田の組頭設置

村役人の決定と交替

小川村組頭の交替

鈴木新田名主の交替

善左衛門組の組頭と組替え

村の五人組

3 さまざまな村役人のすがた

「上鈴木」の組頭

問題になった組頭

野中新田名主善左衛門

名主善左衛門と「堀端」の百姓

野中新田与右衛門組の元名主

与右衛門組の名称変更問題

新田村の年寄

コラム 親孝行と子育てのための組頭退役

第二節 年貢はどのように納められるのか-さまざまな負担-

1 百姓と年貢

年貢を納めるということ

百姓が負担する貢租の種類

2 村を単位に課され納められる年貢

村請制と年貢

年貢額の決定方法

貢租の内訳と推移

3 年貢賦課・収納に果たす村の役割

小川村における年貢賦課と収納

夏・秋の場合

冬の場合

百姓の自治と助け合いを育む村請制

コラム 本百姓・脇百姓・水呑百姓、そして「上水呑」

第三節 村のくらしを支える-困窮者救済のしくみと変化-

1 御救いの後退

御救いとは何か

小川村へのさまざまな助成

享保期の新田開発と助成

助成方法の変化

御救いの後退とその影響

2 新たな救済制度

貯穀制度の導入

貯穀の蓄積状況と分配

川崎平右衛門の肥料貸付

養料金并溜雑穀制度

武蔵野新田と古村の差異化

3 地域振興の試み

古村としての小川村

市場の開設

玉川上水の通船計画へ

甘薯の試作

水田の造成計画

4 村として取り組む困窮者救済

新たな救済方法の導入

明和七・八年の村方騒動

開発人の危機と村

村の変化

第四節 人びとのくらしとつながり-家族と生活-

1 家数と人口

家数と人口の推移

家族構成

年齢構成

2 家と家族

近世の「家」と家族

家の相続

一家による相続

家名の継承

分家の創出

女性当主

大沼田新田のなつ

大沼田新田のはつ

結婚・離婚・再婚

嫁と婿

子どもの誕生

寿命

3 人びとの生活圏

通婚圏

連光寺村名主家への嫁入り

出稼ぎと奉公

コラム 女性の生き方-連光寺村に嫁いだもう一人の女性-

第五節 人は何を信じていたのか-寺社・宗教-

1 小平市域の信仰空間

信仰心を考えるにあたって

青梅街道沿いに展開する寺社

青梅街道と寛永寺

寺院の境内地を考える

神社の境内地を考える

屋敷に残る神々

廻り田新田と寺社

2 伝来する信仰関係資料

重なりあう信仰の様相

庚申信仰をめぐって

動物へのまなざし

神社を建てること-棟札情報を読む-

小平市域郊外の寺社への信仰

3 さまざまな宗教者と地域

民間に生きる宗教者と宗教的な「知」

他地域から訪れる宗教者

宮崎家と神葬祭

神主の立場と復古意識

熊野宮宮崎家の活動

4 宗教をめぐる人びとの関心

伝兵衛・弥左衛門の宗教的活動

松尾講への加入

廻り田新田における宗教的「知」

信仰心のありよう

第六節 玉川上水と生きる-玉川上水・分水と村のくらし-

1 玉川上水の開削と管理組織

江戸の発展と上水道の整備

玉川上水開削のようす

管理組織

2 玉川上水の管理と村の負担

持場村への編成

持場村の負担

土手の草刈り

通行する役人への対応

植樹と橋普請

3 水利用のあり方と変化

開発と分水

水車を仕掛ける

玉川上水通船にいたるまで

通船の実現と廃止

分水口の改正へ

4 村と分水

小川村の小川分水

小川分水の分水口

水料金の負担

小川村と野火止用水

小川新田の分水

玉川上水縁の水汲み場

廻り田新田を流れる分水

廻り田新田の分水利用

鈴木新田を流れる分水

悪水堀と田場

大沼田新田の三つの分水

大沼田新田上分呑水の埋樋

分水口を利用する村と普請

分水口普請のようす

第七節 権利をめぐって-争論と訴訟-

1 近世の争論と訴訟

村の出入

扱人の存在

済口証文

2 水をめぐる争論-安永期の采女堀争論-

争論が起こる前

安永期の采女堀争論

争論一旦解決

再論となる

再び裁許へ

争論に際しての村入用

水の確保と村の争論

3 村境をめぐる争論-文化期の村境争論-

争論が起こる前

争論の経過

双方の主張

吟味、奉行所扱いとなる

内済へ

争論の結果

廻り田新田の不満

小川新田と廻り田新田

新田村の文書と争論

4 二つに分かれた大沼田新田

大沼田新田の出入

天保一二年の地所出入

江戸出府と滞在

長引く吟味

訴訟慣れする百姓

地所出入の内済

縁談出入

名主弥左衛門の主張

出入の終結

出入と村役人

コラム 郷宿と村

第八節 村に住む武士-村からみた士と農-

1 近世の村から武士をみる視点

「士農工商」と「兵農分離」

小平市域の兵農分離と村の武士

2 新田開発と武家抱屋敷

抱屋敷とは

抱屋敷の持ち主たち

小川村の開発と抱屋敷

地所を売り渡す百姓

屋敷主と屋守

抱屋敷の機能

抱屋敷の近親間での売買

手放されてゆく抱屋敷

一七世紀の新田開発と抱屋敷

3 支配を支える人びと

「御用」を請け苗字帯刀する村人たち

尾張家鷹場の維持管理-鷹場預り案内役-

案内役の身分と格式

「御用」を請け負う人びと

4 小平市域の千人同心と幕末の戦争

在村同心の広がり

當麻勇蔵の日光勤番と武芸稽古

海防と村が求める同心株

幕末の戦争と村の千人同心

コラム 千人同心田村金右衛門の明細短冊

第九節 伝えられる文書-村の文書作成・保管・引継-

1 文書と支配

近世を知るために

文書による支配

支配役所から村への通達

村から役所への提出①-村明細帳-

村から役所への提出②-宗門人別帳-

2 文書の作成と利用

文書を作成する人びと

村の記録

文書の利用

文書の管理と引継

3 新田開発と文書の作成

新田開発の願書と割渡証文

開発関係文書の「委託」

土地の移動と文書の移動

入村者の記録

4 村の文書と印

百姓の捺印

小川村の惣百姓印

印の形態と変化

印に刻まれた実名

印の相続

爪印

捺印をめぐる争い

村の印

近世の文書がもたらしたもの

第三章 村がかわる-一九世紀、村の幕末維新-

第一節 広がる格差と村の対応-近世後期の村と経済-

1 生産と生活の高まり

安定化する村のなかで

金肥の導入と商品生産

農間渡世の展開

百姓の階層分化と村

2 豪農の登場と百姓

「有徳の百姓」とは何者か

豪農経営の推移①-當麻伝兵衛家の場合-

豪農経営の推移②-當麻弥左衛門家の場合-

小川家の御用商人的活動

3 地域の成長と江戸

青物販売の変化

問屋への対抗

粉の直接販売を求めて①-文政一一年の争論-

粉の直接販売を求めて②-安政三年の争論と嘆願-

水車稼人仲間の結成

4 広がる格差への対応

小川村における階層分化

天保飢饉における困窮者救済

糠の確保をめぐって

第二節 人びとは何を学んだか-近世後期の教育環境-

1 小平市域の手習塾

手習塾の所在確認方法

多様な師匠

専門性と多様性

入門圏の広がり

2 地域に根ざした往来物

学習課程

地域の地理を学ぶ

文書の書き方を学ぶ

江戸の地理を学ぶ

3 女子の学習

女子の就学

女子の学習課程

女子学習のテキストの普及

4 村役人の資質

村請制と村役人の資質

村役人の資質形成

第三節 人びとのたしなみ-近世後期の文化活動-

1 小平の俳諧文化

小平地域の俳人

小平文化圏の確立へ

広域文化圏との結節

2 庶民の旅

小平と旅

庶民の旅を支えた社会基盤

覚悟の旅路

旅をする人びと

旅の手引き

旅先での体験

旅の記録

3 小平地域の医学

小平市域の医師

小川東磻と喜連川茂氏の診療

医学修行

村役人と医学

医学の普及と限界

コラム 小平地域の蔵書

第四節 桜を育てる-玉川上水堤桜並木をめぐる人びと-

1 名所「金橋桜花」の誕生

玉川上水堤桜並木の呼称

名所になるまで

玉川上水堤桜並木の特徴

出版文化と『武野八景』

2 創られる名所「金橋桜花」

イメージとして共有される「金橋桜花」

富士と玉川上水堤桜並木

柏屋勘兵衛

3 地域にとっての玉川上水堤桜

地域住民にとっての玉川上水

桜植樹後の玉川上水堤

上水堤芝野の専有権と年貢負担

花見の季節の騒動

4 桜樹の補植事業

桜樹の枯木化

地域住民による植樹

地域住民による管理

5 二つの建碑事業

文化七年の建碑事業

嘉永四年の建碑事業

コラム 「金橋桜花」を描いた二つの錦絵

第五節 村を守る-治安悪化と幕府・地域の対応-

1 関東取締出役と改革組合村

関東取締出役の設置

改革組合村の設立

文政改革の趣旨

改革組合村の概要

田無宿寄場組合のしくみ

小川村組合結成への志向

2 異国船情報と地域の対応

地域へもたらされる異国船情報

ペリー来航と小平市域の村々

海防体制の再編と村役人の献金

「国」の登場

3 アウトローの時代

慶応水滸伝の世界

幸八と多摩のアウトロー勢力圏

幸八の最期

幸蔵の登場

幸蔵の帰村

幸蔵の最期

アウトローと地域社会

4 武装する村人

江川農兵の発案

動員の論理

小平市域の農兵の概要

農兵の訓練と自意識

幕領兵賦の展開

コラム 近藤勇の母と兄

第六節 幕末の三つのたたかい-助郷反対運動・武州世直し一揆・戊辰戦争-

1 助郷反対運動

慶応二年九月の関前村ほか二〇か村からの肥料代金下付願い

助郷役など交通・運送の役負担

武蔵野新田が助郷免除される理由

拡大される助郷役

2 武州世直し一揆と農兵のたたかい

農兵の動員

武州世直し一揆の勃発

「見掛次第可切殺」

幸蔵の活躍

農兵と地域

観音崎台場の警衛

その後の農兵

3 戊辰戦争と小平市域の村々-官軍・振武軍・仁義隊-

政局情報と小平市域の村々

官軍の通行と負担

多摩の戊辰戦争

仁義隊の感状

上野戦争と振武軍・仁義隊

時代の変化

コラム 村の鉄砲の行方

第七節 品川県庁に押しかける-品川県の成立と御門訴事件-

1 御門訴事件の背景

御門訴起こる

江戸近郊の直轄県と地域社会

2 品川県社倉政策の推進と御門訴事件の経緯

発端-新しい社倉制度の強制-

集団直訴へ

蓑笠姿で出発する

厳しい尋問と処罰

3 御門訴事件の歴史的意義

品川県知事古賀一平の新しい施策の評価

関前村・関前新田名主忠左衛門

忠左衛門とは異なる村落指導者層

「御門訴」で獲得したもの

近世最後の民衆運動としての御門訴事件

おわりに

《本編の内容-まとめにかえて-》

近世編の構成

村ができるまで

村ができる-村の開発-

村がなりたつ-存立と安定-

村がかわる-変化の様相-

《「はじめに」の三つの視点から》

「平和」をみる

開発をみる

江戸をみる

地域をみる

小川村と武蔵野新田

《近代へ-名主・組頭から戸長・副戸長へ-》

《村のすがた・百姓のすがた》

参考文献・史料

資料提供者・提供機関及び協力者・協力機関

執筆担当者

市史編さん関係者

[奥付]