昭島市デジタルアーカイブズ/あきしま 水と記憶の物語

昭島市史
目次

[昭島市民憲章・序・市史発刊を祝して・発刊にあたって・昭島市史目次]

昭島市民憲章

市史発刊を祝して

発刊にあたって

昭島市史目次

第一編 序説

第一章 緒論

第一節 郷土昭島市の輪郭

一 昭島市の誕生

二 昭島市の位置

三 昭島市の構造(一)-市域と人口

四 昭島市の構造(二)-農村から都市へ

一 南部地区

二 中部地区

三 北部地区

第二節 昭島市とその周辺

一 都市としての昭島市の性格

二 衛星都市群の中の昭島市

三 住宅都市としての昭島市の構造

四 昭島市の小字名

第二章 昭島市の自然地誌的景観

第一節 自然と人間生活

一 昭島市域の自然と住民の生活

二 景観・自然景観

第二節 武蔵野台地

一 昭島市の自然地誌的位置

二 武蔵野台地の成立

三 武蔵野台地の形成とアキシマクジラ

四 アキシマクジラ

五 武蔵野台地の地質構造とその地形

A 多摩面

B 下末吉面

C 武蔵野面

D 立川面

E 青柳面・拝島面

六 狭山丘陵

七 武蔵野台地の景観

第三節 多摩川

一 多摩川と沿岸住民の生活

二 多摩川の流程

三 多摩川の語義

A 丹波川

B 日原川

C 秋川

D 石瀬川・六郷川

E 多摩川

四 多摩川と昭島市

第四節 昭島市の気候条件

一 昭島市の気候条件-気温

二 昭島市の気候条件-霜

三 昭島市の気候条件-雪

四 昭島市の気候条件-風

五 昭島市の気候条件-降水量

六 気候区よりみた昭島市

第三章 昭島市の歴史的環境

第一節 昭島市と武蔵野

一 武蔵野の彊域

二 武蔵・武蔵野の語義

A アイヌ語起原説

B 馬城説

C 旡邪下国説

D 苧種説

E 〓麻説

F 大郡説

第二節 東国の概念

一 東国の範囲

二 東国の定義

第三節 東国史の特質と昭島市史

一 東国の特質

二 東国史と昭島市史

第二編 昭島の始原時代

第一章 旧石器時代の昭島

第一節 日本列島の旧石器時代

一 最初の旧石器時代の遺跡

二 旧石器時代の自然

三 前期旧石器

四 後期旧石器

第二節 旧石器時代人とその文化

一 化石人骨

二 旧石器時代の生活

三 旧石器時代人の宗教

四 旧石器の製作

第三節 旧石器時代の昭島

一 関東の旧石器

二 多摩川流域の旧石器

三 最初の昭島人

第四節 旧石器時代から新石器時代へ

一 日本列島の形成

二 尖頭器文化

三 日本列島人の形成

第二章 新石器時代の昭島

第一節 日本列島の新石器時代

一 最古の土器

二 縄文時代の時期区分

三 集落址と貝塚

四 縄文式土器と石器

第二節 東国における縄文文化

一 関東の縄文式土器

二 縄文時代早・前期の東国

三 縄文時代中・後期の東国

四 縄文時代晩期から弥生時代へ

第三節 昭島市の縄文遺跡

一 上川原・林ノ上遺跡と最初の昭島縄文人

二 繊維土器時代の昭島人

三 竜津寺東遺跡と西上遺跡

四 縄文文化衰退期の昭島

第四節 縄文文化人の社会と文化

一 土偶と縄文社会

二 祭祀--敷石住居と配石遺構--

三 縄文人の身体装飾

四 埋葬の風習

第三編 金属器時代の昭島

第一章 金属器文化の伝播

第一節 日本列島の金属器時代

一 大陸文化の渡来

二 弥生文化の区分

三 金属器文化の時代

第二節 弥生式土器と水稲耕作

一 初期農耕社会

二 水稲耕作の発展

三 米飯と土器・木器

第三節 弥生文化の消長

一 弥生式土器の様相

二 鉄器の普及

三 青銅器の終焉

四 古墳文化の胎動

第四節 東国の弥生文化と昭島

一 弥生文化の波及

二 東国の水稲農耕

三 多摩川の弥生文化

四 昭島の弥生文化

第二章 東国における文化変化

第一節 金属器文化の伝播

一 東国の金属器

二 金属器文化の変質

第二節 水稲文化の受容

一 東国の水稲文化

二 東国の農工具

三 卜占の風習

第三節 方形周溝墓の社会

一 再葬墓と人面土器

二 方形周溝墓の波及

三 再葬墓の社会から方形周溝墓の社会へ

第四編 古墳時代の昭島

第一章 古墳時代の文化

第一節 古墳時代とその文化

一 古墳の出現

二 古墳文化の成立

三 弥生式土器から土師器へ

四 古墳文化の盛行

五 農耕生活の発達

六 横穴式石室の出現

七 古墳の多様化と群集墳

八 古墳の終焉

第二節 東国の古墳文化

一 東国の初期古墳

二 方形周溝墓の盛行

三 土師器の出現

四 古墳文化の展開

五 箱式石棺と横穴式石室

六 埴輪の盛行

七 鈴鏡とその分布

八 古墳の地域性

九 横穴墓の受容

十 東国古墳の終焉

第三節 昭島の古墳

一 古墳時代初期の昭島

二 山ノ神遺跡と古墳文化

三 浄土古墳と古墳をとりまく人々

四 経塚下古墳と昭島古墳の終焉

第二章 古墳時代の社会

第一節 多摩川流域の古墳時代

一 最初の古墳

二 野毛大塚古墳と墳丘の巨大化

三 鈴鏡の時代

四 横穴式石室の採用と普及

五 ローム層の横穴墓

第二節 古墳時代の多摩地域社会

一 初期社会とその発展

二 社会の変容

第三章 古代東国の住民と大和政権

第一節 日本民族の形成

一 日本民族の人種的構造

二 東国人の種族構造上の特色

第二節 古代武蔵国の住民と武蔵野の開拓者

一 古代武蔵の住民とその変遷

二 式内社より見た武蔵国の開拓者

三 多磨郡の開拓者

第四章 東国と大和政権

第一節 五世紀の大和と東国

一 倭政権の東国遠征

二 東国における部の設定と名代・子代

第二節 六世紀の大和と東国

一 六世紀の政治情勢

二 武蔵国造の紛争

三 毛野国の服属と大倭政権の東国支配

第五編 律令国家時代

第一章 律令制度の展開

第一節 律令制度の実施と国司制度

一 蘇我氏の抬頭

二 聖徳太子の政治改革

三 大化改新

四 東国国司の派遣

第二節 古代東国の特殊性

第二章 律令制下の東国

第一節 武蔵国と多磨郡の設置

一 武蔵国の設置

一 アイヌ語「ムン・チャシ」説

二 馬城説

三 旡邪下説

四 〓麻説

五 大郡説

 六 苧種説

七 〓刺説

二 武蔵国の構造

三 多磨郡の設置

第二節 武蔵国分寺の建立

一 国分寺の建立

二 武蔵国分寺の創建

三 武蔵国分寺の古瓦

第三節 東歌・防人歌と多磨郡

一 東歌の成立

二 東歌の世界

三 防人歌の成立

四 防人歌の世界

第四節 東国における帰化人の移住とその文化

一 帰化人の渡来

二 東国への移住

三 武蔵国の帰化人

四 帰化人の文化

五 東国の馬匹文化

六 帰化人の消長

第三章 律令国家の沈滞

第一節 東国と蝦夷

一 毛人の国

二 古代における東国の概念

三 毛人・蝦夷とアイヌ人

四 東人の祖先

五 東国の疲弊

第二節 荘園の発達と律令制の崩壊

一 律令制下の村落

二 荘園の発達

三 武蔵国における荘園

四 村落の発達

第三節 武蔵国の交通

一 武蔵国の東海道転属

二 武蔵国の駅路

第四節 昭島の村と農民の生活

一 平安時代の遺跡と交通

二 林遺跡

三 竜津寺東・大日堂下遺跡

四 円福寺裏・偕生園遺跡

五 経塚下遺跡

六 玉川小学校・広福寺台遺跡

七 常楽院西遺跡

八 中神東耕地遺跡

第四章 貴族政治と武士の勃興

第一節 貴族政治の消長

一 摂関政治

二 在地豪族層の抬頭

第二節 武士の勃興と武蔵国

一 武士団の発生

二 武蔵の武士団

第三節 武蔵七党と多摩郡

一 武蔵七党

二 多摩郡の大武士団

三 坂東武士の進出

第四節 律令国家の衰退と東国の動静

一 清和源氏と東国の武士団

二 東国の反乱

三 平氏の盛衰

第六編 中世封建社会

第一章 鎌倉時代

第一節 武家政権の成立と東国

一 源頼朝の制覇

二 武家政権の確立

第二節 鎌倉幕府の東国支配-武蔵国を中心として-

一 武蔵の国司-武蔵守を中心として-

二 武蔵国の在庁官人-総検校職を中心として-

第三節 鎌倉時代の昭島

一 集落の発展

二 大日堂とその文化財

第四節 鎌倉幕府の滅亡と武蔵国

一 幕府の衰頽

二 分倍河原の合戦

第二章 南北朝時代

第一節 南北朝の動乱と武蔵武士団の動静

一 中興政治の瓦解

二 武蔵野合戦

第二節 多摩郡の武士団

一 同族的武士団

二 西党立河氏

三 村山党山口氏

第三節 日奉氏の分布と館址

一 日奉氏の支族

二 日奉氏の分布と館址

A 西氏

B 小川氏

C 平山氏

D 立河氏

E 二宮氏

第三章 室町時代

第一節 室町幕府の成立と東国の動乱

一 建武新政とその失敗

二 足利尊氏の武士工作

三 室町(足利)幕府の開設

四 関東における南北朝の動乱

五 観応の擾乱と東国武士

六 新田義興の乱と小手指原の戦

第二節 鎌倉府の設置と群小武士

一 鎌倉府の誕生

二 鎌倉府の確立と組織

三 鎌倉府の必要性

四 国人一揆

五 畠山国清の失脚と一揆

六 一揆の統御と関東管領

第三節 武蔵国をめぐる戦国の動乱

一 鎌倉府の成長と将軍への野望

二 東西の不和と上杉氏

三 上杉禅秀の乱

四 永享の乱前後

五 立河原合戦をめぐって

第四章 中世武蔵国内の生活と文化

第一節 武士と農村

一 富める武士と貧しき武士

二 武蔵国の交通路

三 武士の館

四 館のうちそと

五 武士の住居

六 衣と食

七 田畑の改良

第二節 昭島の板碑

一 板碑について

二 昭島地区の板碑

第三節 中世の武蔵野

一 中世の武蔵野

二 武蔵野と歌枕

三 武蔵野台地と戦国の合戦

四 「北国紀行」と「回国雑記」

五 変わりゆく武蔵野観

第五章 後北条氏の支配

第一節 後北条氏の武蔵支配

一 後北条氏の台頭と武蔵進出

A 後北条氏の台頭

B 大石氏

二 大石氏の帰服と北条氏照

第二節 滝山領の構造と支配

一 支領支配の開始

二 滝山領の成立

三 滝山領の権力構造

A 奉公人

B 滝山城

C 滝山衆

D 在地支配

四 後北条治下の昭島

A 拝島

B 後北条遺臣の帰農

C 紅林文書

第三節 後北条氏の滅亡

一 豊臣政権との対立

A 秀吉の統一事業

B 沼田城問題

二 後北条氏の敗北

A 小田原合戦

B 敗北の原因

C 家康の後北条氏滅亡予言

第七編 近世封建社会

第一章 幕藩体制の成立と近世村落

第一節 江戸幕府の成立と拝島領

一 徳川氏の関東入部と知行割

A 関東入部

B 知行割

C 昭島の領主

二 八王子の関東代官と千人同心

A 八王子の位置

B 八王子千人同心

C 関東一八代官

三 寛永の地方直しと拝島領

A 覇権獲得の過程

B 寛永の地方直し

四 元禄の地方直しと昭島

A 元禄の地方直し

B 昭島市域の支配形態

第二節 江戸幕府の支配と農民

一 近世村落の成立

A 中世末期の「村」

B 村切り

二 寛文検地と昭島

A 農政の転換

B 寛文検地

C 年貫

三 武蔵野の開発志向

第二章 近世村落の展開

第一節 新田開発の進行と村々の成長

一 開発への志向

A 近世中期の開発

B 昭島市域と武蔵野台地

C 耕作地拡大志向と抑制

D 出作畑帰属出入

二 享保改革と武蔵野

A 享保改革

B 年貢増徴

C 武蔵野台地の開発

D 開発の概況

三 上川原村持添新田の成立

A 開発直前の上川原

B 開発地の割り渡し

C 開発の始まり

D 進まぬ開墾

E 享保末年の災害

F 元文元年の検地

四 宮沢新田の成立

A 武蔵野の新田村

B 川崎平右衛門の登場

B 宮沢新田

五 検地後の上川原村

A 検地直後の動き

B 年貢の重圧

C 苦難の農民経営

D 年番名主制の復活

E 検地より一〇年後

第二節 近世村落の景観と農民の生活

一 領主の農民支配

A 基本的支配

B 年貢割付状

C 年貢皆済目録

D 鷹場支配

二 村落の支配組織

A 村方三役

B 村の経費

C 五人組

三 村落の景観

A 市域の位置

B 村落の形態

C 村の概況--田中村の場合--

D 用水

E 普請

第三節 新しい農民経営の諸相

一 畑作農業と商品生産

A 畑作農業

B 土性

C 作付品目

D 肥料

E 作物の栽培法

二 農間稼と農村金融

A 農間稼

B 多摩川の鮎漁

C 宿駅と助郷

D 貸借関係

三 村内の諸規約

A 村法

B 福島村村法

C 違反者の入札

D 濫伐と博奕

第三章 村落社会の新動向

第一節 経済活動の広域化

一 農村経済の新傾向と頻発する災害

A 農村経済の新形態

B うち続く災害

C 宮沢村の水害

D 上川原村の旱害

E 頻発する農民一揆

二 商品流通の結節点-拝島村の諸相-

A 八王子市(いち)

B 在方市としての拝島村の概況

C 拝島の織物取引き

D 紺屋稼ぎ

E 水車稼ぎ

F 嘉永の拝島市(いち)再興

G 多摩川の渡し場

三 多摩川の筏流し

A 筏流し

B 筏通行と堰

C 筏乗りと上荷

第二節 村落秩序の動揺と政治的対応

一 幕藩制解体期の農村状況

二 村落秩序の動揺

A 上川原村宇助一件

B 若者の乱暴

C 村送物難渋出入

D 運平・みな夫婦の行動

三 文政改革と組合村体制

A 支配体制の危機

B 関東取締出役の設置

C 文政改革

D 組合村の設定

E 組合村の機能

四 天保飢饉と昭島の人々

A 文化・文政期の状況

B 天保飢饉の状況

C 貼札騒動と郡内騒動

D 村々の救恤活動

E 旗本の収奪強化

F 天保飢饉が与えた影響

五 天保改革の展開

A 幕府の天保改革

B 昭島における天保改革

第三節 商業資本と地主経営の展開

一 中神村中野家の経営

A 中野家の概観

中野家の経歴

経営、活動の諸側面

B 天保期以前の商業活動

寛政六年鑑札制度反対一件

文政元年八王子市座並改正一件

寛政-文化期における在方縞仲買の位置

C 天保の経営期

『諸用日記控』にみえる中野家の商業活動

手作経営に関する記述

村役人としての仕事

店卸帳から見た中野家の経営

店卸帳からみた経営の変化

D 中野家の地主経営

土地集積の過程

天保-嘉永期の特徴

中野家と小作人

E 中野家の衰退

明治七年の財産整理

借財の総額

うちつづく不幸

不良債権の増大

縞仲買活動の問題点

開港の影響

F 小括

二 上川原村指田家の場合

A 上川原村と指田一族

B 上川原村農民の所持高変遷

C 天保期の上川原村

D 天保期の七郎右衛門家

E 幕末の上川原村

F 幕末期七郎右衛門家の生糸仲買

第四節 幕藩制解体期の旗本支配と農民

一 困窮する旗本

A 旗本の財政難

B 旗本の借財

C 旗本の年間収支状況

D 旗本財政困窮の要因

二 財政的危機への旗本の対応と農民

A 旗本の収奪強化策

B 旗本の家政改革

C 幕藩制社会の解体に与えた影響

第四章 在村文化の諸相

第一節 近世社会と在村文化

一 在村文化とそのにない手たち

A 昭島における在村文化の出現と「化政文化」

B 近世社会と在村文化

C 在村文化をになう人々

D 在村文化の種類と水準

二 村落秩序の変化と在村文化の成長

A 村落秩序の変化と関東農村の特質

B 中下層農民の精神的・文化的動向

C ある下層農民の生き方

D 豪農の文化活動の出発と江戸町人文化の模倣

E 村落秩序の変化と在村文化の展開

F 力作型豪農と商業資本型豪農

G 豪農のよこのつながり

第二節 化政文化と在村俳人

一 昭島の在村俳人とその作品

A 在村俳人の出現と『春山集』

B 『春山集』以降の在村俳人の活動

C 江戸宗匠の月並句合への参加

D 村々での句会の開催-在村俳人の自立化傾向-

E 奉額句合の開催と参加

F 手稿本の句合について

二 在村俳人の実態

A 豪農としての在村俳人

B 郷地村不老軒うたゝと成長期の在村文化

C 大神村季翠中村嘉右衛門と発展期の在村文化

三 昭島在村俳人の俳諧論と秩序観

A 『四季のはな』の俳諧論

B 『自然楼記』と「俗談平話の言語」

C 俳諧に垣間みる秩序観変容の萌芽

四 昭島の在村俳人をとりまく地域文化圏

A 昭島をとりまく地域経済圏

B 俳諧をめぐる文化交流圏

C 八王子を中心とする西武州中域文化圏

D 拝島村を中心とする小経済圏=文化圏

五 在村的「読本(よみほん)」作家郷地村不老軒うたゝ

A 化政文化と「読本」

B 多摩の在村的「読本」作家不老軒うたゝ

C 『露草双紙』の成立と在村文化人たちの助力

D 『露草双紙』の執筆と在村文化人の協力

E 在村俳人仲間の協力

F 「読本」と読者庶民層の精神動向

G 『露草双紙』のあらすじと、勧善懲悪の人間群像

第三節 庶民信仰と寺社

一 近世村落と寺社信仰

A 近世寺社の創建伝承と村落

B 近世村落と信仰

C 近世的社寺の成立

D 村落社会の変化と信仰の変容

E 村外神仏の招来・分祠と上川原村痢病神

F 村々の小祠

G 富士講と福島村柳川直右衛門

二 村落社会の変化と「流行神(はやりがみ)」

A 流行神とは

B 流行神の世相

C 惣十稲荷再建に関する覚書

D 惣十稲荷の流行の背景

E 稲荷小祠の建設

F 惣十稲荷流行の基盤

G 流行神にこめられた願望

三 地域文化圏と地域信仰圏

A 拝島大師信仰圏のひろがり

B 拝島大師の大般若経

C 拝島大師の再興

D 大般若経の納経者

E 拝島大師と近江商人の信仰

F 地域経済圏の核としての拝島

G 納経者の居住分布

H 奉額句合にみる拝島大師の信仰圏

I 拝島の信仰圏・文化圏

四 信仰圏の拡大と寺社参詣

A 信仰圏の拡大と寺社参詣

B 寺社参詣と『道中日記』

C 寺社参詣の意味

D 天保四年『道中記』のあらまし

E 文久三年『道中日記』のあらまし

F 参詣旅行をおこなえた人々

第四節 在村文化の展開と幕末社会の変動

一 同時代人の眼にうつった昭島--高山彦九郎・大田南畝(なんぽ)・川路聖謨(としあきら)--

A 高山彦九郎のみた拝島

B 南畝大田直次郎の玉川巡察

C 南畝の日記・記録類

D 昭島市域に足をふみいれた南畝

E 旺盛な知識欲と探求心

F 南畝のみた昭島の情景

G 幕吏南畝と在村文化

H 川路聖謨の玉川上水巡察

I 聖謨のみた武蔵野新田地帯

J 能吏川路聖謨のみた昭島

K 近代前夜の昭島

二 村落秩序の動揺と天然理心流

A 在村文化の展開と農村武芸

B 幕藩制国家と農村武芸

C 多摩の農村武芸「天然理心流」

D 多摩地方にみる天然理心流の諸派

E 戸吹村松崎道場門人帳のばあい

F 日野宿佐藤道場に入門した豪農の跡取りたち

G 『武術英名録』のばあい

H 明治以後の天然理心流と昭島

I 門人帳の分析

J 天然理心流の「豪農時代」への転化

K 天然理心流と新選組あるいは尊王攘夷運動

L その後の天然理心流

三 幕末の変動と在村文化

A 『夜明け前』のばあい

B 昭島にのこされた政治情報史料

C 政治情報と村人の反応

D 村方政治情報の型

E 昭島の夜明け前

第五章 幕末の昭島

第一節 開港の影響

一 開港にともなう経済変動

二 開港と養蚕、製糸業

三 開港と物価問題

四 生糸蚕種改印令

第二節 幕末政争と昭島

一 幕末の政争

二 幕末政争と昭島

A 政争などに併う負担増

B 社会秩序の混乱

C 幕末政争にともなう助郷役負担

第三節 農兵と組合村の自衛組織

一 幕府の兵制改革と江川農兵

A 江川英竜の農兵論

B 文久の兵制改革

二 組合村の自衛組織

A 昭島の農兵・兵賦

B 組合村の警備体制

第四節 武州世直し一揆と昭島

一 武州世直し一揆の性格

二 昭島市域での一揆の行動

A 打こわしの状況

B 築地川原の戦闘

三 一揆後の村落

A 逮捕者釈放運動

B 八王子捨札騒動

C 施行の実施

D 組合村自衛機構の強化

四 社会変革を求める人々

A 世直しの希求

B 私年号「長徳」

第八編 近代社会

第一章 明治時代の昭島

第一節 明治維新

一 維新政府の成立

二 東京遷都

第二節 明治地方行政の変遷と昭島

一 県制の施行

二 大小区制

三 地租改正

四 三新法

五 村会の成立

六 町村分合

第三節 自由民権運動と昭島

一 自由民権

二 北多摩郡の自由民権運動

三 自治改進党の結成

四 三多摩の東京府編入

第四節 青梅鉄道と昭島

一 甲武鉄道の開通

二 青梅鉄道

三 青梅鉄道と昭島

第二章 近代学校教育の展開

第一節 昭島の近代教育の曙

一 江戸時代の寺小屋

二 昭島地区の教育基盤

三 福厳寺の寺子屋--光国和尚の日記を中心として--

四 授業料など

第二節 学制の公布と小学校の設立

一 学制以前の郷学校

二 昭島地区における小学校の設立

三 初期小学校の経営

第三節 昭島における小学校の発展

一 学校の統合、分離をめぐって

二 教員の構成

三 小学校の発展

第三章 戦争と産業

第一節 近代産業の展開

一 殖産興業

二 明治前期の農業

三 商工業

四 牧畜と人力車

第二節 日清・日露戦争と昭島

一 日清戦争と村

二 奨兵義会

三 拝島村の分離独立

四 日露戦争

第三節 日本資本主義の進展

一 明治後期の産業と経済

二 農会の成立

三 地方改良運動

第四章 大正・昭和時代の昭島

第一節 自治体機構の変遷

一 大正期の概観

二 地方自治制度の改正

三 養蚕業の発展

四 昭和村の成立

第二節 大正デモクラシーから軍国主義への推移と昭島

一 関東大震災

二 五日市鉄道の開通

三 昭和恐慌と昭島

四 農村更生運動の展開

五 青年団と青年教育

第三節 町制の実施と軍需産業都市の発達

一 軍需産業の発展

二 町制の施行

三 軍需産業都市の発達

第四節 太平洋戦争中の昭島

一 戦時体制

二 大平洋戦争下の昭島

三 空襲

第五節 終戦時並びに戦後の昭島

一 終戦

二 農地改革

三 戦後の復興

第六節 市制の実施

一 町村合併促進法の施行

二 市制の実施

三 住宅産業都市としての発展

四 基地問題と昭島市の将来

[編集後記・『昭島市史』編さんに関係した方々(順不同・敬称略)・[奥付]]

編集後記

『昭島市史』編さんに関係した方々(順不同・敬称略)

[奥付]